MENU
プロフィール背景画像
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴10年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って、全力でレビューしています!

レビュー依頼、ご意見なども受け付けておりますので、ぜひお気軽に『お問い合わせフォーム』や『TwitterのDM』からご連絡くださいませ。
おすすめのゲーミングキーボード5選!

【TaoTronics TT-AH043レビュー】自動湿度センサーで快適!大容量・超静音の加湿器。

TT-AH043アイキャッチ

今回は提供いただきました『TaoTronics TT-AH043』をレビューしていきます!

加湿器といえば以下のような問題がありがち。

  • 電源を付けっぱなしにしておきたいけど、放っておくと加湿しすぎてしまう。
  • 部屋の湿度を確認しながら、調整・停止させるのが面倒。

ですが この加湿器は『自動湿度センサー』が搭載されているので… 湿度を40~80%の間から選び、設定した湿度になると自動で停止してくれるんです。

基本性能もバッチリだけど、静音性が高いから睡眠時は特に便利だった!

もちろんセンサー以外の便利な機能もしっかり紹介していきますので、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです!

タップできるもくじ

TaoTronics TT-AH043:性能・特徴

TaoTronics TT-AH043の外観
  • モデル:TT-AH043
  • 動作電圧:100-120V~50/60Hz
  • 定格出力:21W
  • タンク容量:4.0L
  • 加湿量 弱:100ml/h
        中:180ml/h
        強:250ml/h
  • 作動時間:12~35時間(タンク満水)
  • 部屋の広さ:10~30㎡/108~323ft²
  • 騒音:≦28dB

『TaoTronics TT-AH043』は自動湿度センサー・超静音を兼ね備えた、大容量の加湿器です。

大きさは「横幅149 × 奥行210 × 高さ324 mm」ほどになっていて、割と場所を取るサイズ感になっていました。(横幅はスマホ1台分くらい)

パッケージ開封・付属品など

TaoTronics TT-AH043のパッケージ


まずはザックリと開封して、付属品を確認していきます。

TaoTronics TT-AH043の付属品

TaoTronics TT-AH043の付属品

  • 取り扱い説明書
  • サンキューカード
  • 掃除用ブラシ
  • 耐塵スポンジ(1つは装着済み)

便利な機能がたくさんあるので、取り扱い説明書がとても参考になりました!

記載してある通り耐塵スポンジは既に装着されていて、本体後ろ側にあるフタを外して新しいスポンジと交換することができます。

TaoTronics TT-AH043の正面

6種類のボタン付き

TaoTronics TT-AH043の後ろ側

ケーブルは約150cm

前面には機能がたくさん搭載されているボタンがあるので、使用感の項目で詳しく紹介しますね!

外観・構造のチェック

TT-AH043アイキャッチ

触ってみると表面はプラスチックのような材質で、サラサラ・ザラザラとした触り心地。

側面の左端と上部から見える給水タンクが少し透けているので、水の残量が分かりやすくなっていました。

TaoTronics TT-AH043の側面


取っ手部分はパカパカと動くので、給水などで取り外す際は取っ手を持って引き上げるだけでタンクを外せて簡単です。

TaoTronics TT-AH043の取っ手


そしてガバッと外してみました。

TaoTronics TT-AH043を分解

本体部分は掃除がしやすいように丸みを帯びていてツルッとした材質。

給水タンクの裏側にはフタが付いていて、少しひねって爪をずらすことで開けられるタイプでした。

TaoTronics TT-AH043のフタ部分

開けるのが簡単でもフタが外れやすいということは全然なく、取っ手を掴んで振り回してみても水がこぼれたりはしませんでしたw

そして給水口の大きさは約9cmもあるので、水の追加や中の掃除がしやすくなっています。

TaoTronics TT-AH043の蓋を外す


天面には噴出口があり、矢印を中心に合わせることで取り外しができたり、360度回転させることも可能。

TaoTronics TT-AH043の天面

少しミストの方向を定めることもできますが… 先が尖っているわけではないので、本当にお気持ち程度の角度調整といった感じでした。

ここから水を入れないように注意!

TaoTronics TT-AH043:各機能の使用感

『TaoTronics TT-AH043』には多数の便利機能が搭載されていたので、使用感を交えながら一つずつ紹介していきます!

TaoTronics TT-AH043の正面ボタン
  • MIST+/-:押す度にミストレベルが上がる(3段階)
  • HUMIDISTAT:自動湿度調整の設定
  • TIMER:自動オフタイマー設定(0~12時間まで1時間ずつ)
  • LIGHT:水入れタンク部分が光る
  • POWER:電源のオン/オフ
  • SLEEP:スリープモードのオン/オフ(ミストは出たまま表示だけ消える)

ミストレベルは3段階ありますが、もちろんレベルに応じて使用できる時間が変わってきます。

弱(100ml/h)だと約35時間ほど、強(250ml/h)だと約12時間ほどの連続稼働が可能。

TaoTronics TT-AH043のミスト弱

『ミスト:弱』

TaoTronics TT-AH043のミスト強

『ミスト:強』

細かく柔らかいミストなので、強レベルでも周りの布・テーブルが湿ってしまうようなことはありませんでした。

加湿器の近くに置いてたティッシュですら全く湿ってなくて驚き。


音の大きさに関しては、強でもエアコンより静かな28dBという静音性ですが、タンク内の水がチャポチャポと頑張ってる音は少し聞こえるかなと思います。

TaoTronics TT-AH043の静音性


『HUMIDISTAT(自動湿度調整)』は押す度に上限湿度が5度ずつ上がり、40~80%の間で設定することが可能。(3回点滅するのを待って湿度確定)

TaoTronics TT-AH043の自動湿度調整

設定した湿度に到達すると自動的にミストが出なくなるので、最も快適と言われている40~60%の間で設定しておくのが良さそうですね!

『TIMER』は言うまでもなく電源が切れるまでのタイマー機能なのですが、押すと「0時間」表示から始まるので間違い防止にもなって使いやすいと思いました。

TaoTronics TT-AH043のタイマー機能

2H(2時間)設定

タイマー時間が右下に常時表示されているのもGOOD!(1~12時間まで1時間区切り)

LIGHT』は水を入れるタンク部分が光って水の残量が分かりやすくなるという機能だと思うのですが、部屋の明かりがついていると…正直ライトが見えませんw

TaoTronics TT-AH043のライトON/OFF
(これ、ライト自体は常時ONですよ)

各々の就寝スタイルに合わせて光らせるといいですね。

個人的には真っ暗な部屋でしか眠れないから必要のない機能だった。


POWER』はシンプルに電源ボタンで、ON/OFFを繰り返しても前回設定した自動湿度調整はしっかりと引き継がれていました。(TIMER機能は消失)

SLEEP』はスリープモードのON/OFF切り替えができますが、ONにするとミストは出たまま湿度などの表示だけ消えるというもの。

TaoTronics TT-AH043のスリープモード
ミストは出たまま表示OFF

就寝時に光をなくしたり、節電にも使える便利な機能です。

乾燥しやすい季節で結構使ってますが… 基本的に使いづらい要素がなく、ミストも湿っぽくない気持ちの良い状態で噴出されるので、とてもいい加湿器だと思いました!

(というかシンプルに、加湿器に現在の湿度が表示されているのって超便利ですね…)

TaoTronics TT-AH043:レビューまとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • 自動湿度センサー搭載で手間いらず。
  • 静音&スリープ機能で就寝中もバッチリ。
  • 大容量タンクで最大35時間の稼働が可能。
  • 柔らかく細かいミストで、周りの物がビシャビシャにならない。

いかがでしょうか!

かなり多機能で、色々なシーンでも使いやすい湿度センサー搭載の加湿器。

寝る時に湿度を自動で整えてくれる + 静か + スリープモード搭載という最強の組み合わせ!

『TaoTronics TT-AH043』のレビューでした。

TT-AH043アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださると嬉しいです!
 
Amazonギフト券チャージ
AmazonMusic

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁っているので、見てくださった方の参考になれるように頑張って記事を書きます!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる