MENU
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴15年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って、全力でレビューしています!

レビュー依頼、ご意見なども受け付けておりますので、ぜひお気軽に『お問い合わせフォーム』や『TwitterのDM』からご連絡くださいませ。
おすすめのゲーミングキーボード5選!

【TaoTronics TT-MF001レビュー】2分で作れるカフェの味。4種類のモードを搭載したミルク泡立て器!

TaoTronics TT-MF001 レビュー

今回はTaoTronics様から提供いただきました『TT-MF001』をレビューしていきます。

オシャレかつシンプルなデザインになっていて、1つのボタンで4種類のモードを使い分けることができるミルク泡立て器。

クリーマーといっても結局手で動かして混ぜるタイプや、使う道具が多く洗い物が増えてしまうものがありますが、これはカップに泡立てパーツの付いた一体型になっています。

中はステンレス製になっていて保温性も高いんだよね。

実際に使う際の手順や動画などもまとめましたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

タップできるもくじ

TaoTronics TT-MF001:概要

  • サイズ:高さ19 x 横幅9.7 cm
  • 重さ:615.5g
  • 入力:AC120V~60㎐
  • 電力:400W
  • 容量:240ml/8.1oz(最大)
  • ケーブル:約77cm
  • モード :4種類(泡立て2パターン・加熱のみ・加熱なしの泡立て)
  • 安心保証:最大24か月間(12か月+会員登録で12か月追加)

TaoTronics TT-MF001』は1台で何役もこなせるだけでなく、コンパクトなサイズ感や安全面においても優秀なミルク泡立て器です。

内部は断熱性の高い二重構造と、焦げ付き防止コーティングが施されているステンレス製のカップ。

単純に飲み物を温めることも可能で、電子レンジや余計なカップなどを使わずに本体で加熱してそのまま飲むこともできるのが特徴ですね。

開封・付属品のチェック

それではパッケージを開封していきます!

中身はシンプルになっていて、取り付けの面倒な小物などはありません。(泡立てパーツは元から本体に付いている)

コンセント付きのスタンドが入っていて、泡立て器を設置すると「ピーッ」と音が鳴るようになっています。

充電式などではないので、スタンドに設置している時のみ稼働するようですね。

ケーブルの長さは約77cm。スタンドの裏面にはしっかりと滑り止めが3つ付いているので安心です。

そして小さめのクリーニングブラシも入っていました。泡を立てるパーツがバネのような作りになっているので、そういった細かいパーツを掃除する用なのかなと。

ブラシの長さは10cmほど

もちろん取扱説明書も付属していて、使用方法や注意点・掃除方法などが記載されていました。(本記事でも使い方の項目で詳しく解説しています)

重要そうな注意点だけ少しまとめておくと、「ミルクを入れずに稼働させない。使用中はフタを開けない。」

掃除に関する部分だと「内部はナイロンブラシ系を使わずに布などで掃除する。食器洗浄機はNG。」といった内容になっていました。

コーティングされたステンレス製のカップだから、水洗いして拭くだけでも簡単に綺麗になったよ。

外観:自宅がカフェになるオシャレなデザイン

置いているだけでカフェ感が出るオシャレなデザインで、ごちゃごちゃと難しい操作がいらずにボタンも1つでスマート。

指の等間隔を想定しているようなへこみがあり、手から滑り落ちないように少しペタペタとした触り心地になっていました。

サイズは高さが約19cmで横幅が9.7cm。食器棚に入れるには意外とスペースが必要になりますね。

重さは615.5g。割とズッシリしていますが、短時間での泡立てに加熱機能まで搭載されつつコンパクトにまとまっている方が凄すぎるかなと。

片手で持てるほどの重量ではありますが、軽~いというほどでもないくらいです。

中身を確認してみると泡立てパーツが底とフタに付いていて、フタの方は動いて回転するわけではないのでスペアということでした。

外して確認してみても全く同じパーツですね。

これが2つ付属していてスペアの別売りがストアで見当たらないので、かなり大事なパーツになるかと思います。

ちなみに着脱可能で洗いやすい構造になっていますが、底に装着するための突起物があるので牛乳などの洗い残しには注意です。


そしてスタンドと接続するために裏側にはガッツリと機械部分が露出しているので、水のつけ置き洗い・食器洗い機はNG

気持ちよく掴めるフォルムで中身も広く洗いやすいですが、扱いには若干の注意が必要ですね。

TaoTronics TT-MF001:使い方

それでは『TaoTronics TT-MF001』の使い方などを紹介していきます。

一応ですが、コンセントを繋いだスタンドの上に乗せている時のみ使用できて、充電式などではありません。

まずは牛乳を入れていくのですがモードごとの目安である線が引かれているので、目的のラインを越えず最低容量より多めに牛乳を入れて使うと安全です。

泡が増えるので水位は低め

牛乳をいれた後はボタンを1~4回押すことで、4種類のモードを使い分けることができます。(2番目の機能が使いたいならボタンを2回押す)

  1. 加熱 + 濃密な泡。
    …かなり濃密で飲み物の上に山を作っても崩れないほどの弾力。
     
  2. 加熱 + ふわふわの泡。
    …山を作っても平らになって飲み物に馴染む泡。数分間「ジュワ~」と音が鳴っているので、お客様に出す時には少し注意。
     
  3. 加熱のみ
    …泡を作らずに加熱のみ。水・お茶やカルピスなどを温めることも可能。※泡を作らなくても回転はするので底にあるパーツは外さないように。
     
  4. 加熱なし + 濃密な泡。
    …1番と同じように濃密な泡を、加熱なしで作る。

加熱は牛乳以外でも使うことが可能で、ギリギリ「熱っ!!」とならない程度のとても丁度いい温度になりました。

実際に使用している動画も撮ったので、ぜひチェックしてみてください。

『加熱 + 濃密でふわふわの泡』を作ってみても時間はなんと1分45秒ほど。音もかなり静かですよね。

そして意外だったのですが『加熱のみ』でMAXの線まで飲み物を入れると泡立てよりも長く、4分3秒ほどかかるという結果になったので量が多いほど時間はかかるかなと。

動画では1番の泡立てモードで作りましたが、泡が本当に濃密になっていて短時間で手軽に作れるクオリティとは思えませんでした…。

牛乳を少ししか入れていないのに泡がこんなに上まで来ているので、目安のライン以上の牛乳を入れると泡が溢れたりと確かに危険そうですね。

直接泡を食べるには濃い牛乳を使わないと当然味が薄くなりますが、市販のシンプルな牛乳でもコーヒーや紅茶などと混ぜると充分にマッチして、絶妙に甘くなりつつ触感も楽しめます。


そしてどういうことなのか、機械に入れた牛乳が1mmほどしか減っていない状況で大量に泡が作られるので、入れる量は本当に最低ラインぴったりくらいでいいのかなと。

泡を好きなだけ使った後は、機械に入れた量と同じ分だけのホットミルクを飲むことができるので大満足です(笑)

TaoTronics TT-MF001:使用感

TaoTronics TT-MF001の概要

まずシンプルに一番時間のかかりそうな『加熱 + 濃密な泡立て』モードでも2分かからないという点と、容器のまま直接ホットミルクを飲むときに口を付けても全く熱くないという点に驚き。

初めての泡立て器で「稼働時間も長いだろうし、普通の牛乳だから中途半端に泡立つだけでしょ~」といった不安が正直あったのですが、いい意味で全て裏切られました。

モードで選べる2種類の泡についても『泡をメインにして楽しむような濃密なもの』と、『飲み物に溶け込んで同時に楽しめるような泡』との違いがしっかり切り分けできている点も優秀です。

そのような機能が詰まっていながらもコンパクトなサイズになっていて、さらには女性でも片手で掴める重量ということで…少し偉そうですが特に文句が見当たりませんでした。

加熱するだけの機能&断熱性の相性◎

もちろん泡立て器としての機能は十分でもありますが、ただ温めるだけという機能を搭載しているのが本当に便利でした。

これまではレンジで牛乳を温めてもマグカップだとすぐに冷めてしまったり、断熱性の高い容器はレンジ使用不可な物が多いというジレンマがある中で、1台だけで加熱・保温を完結させてしまっているんですよね。

それでもって口を付ける部分は熱くならないという構造になっているので、周りの目が気にならなければそのまま飲んでしまっても問題なし。(片手で持つと少しだけ重いくらい)

strix温度調節器も搭載されているので、65℃前後の熱すぎない温度に調節されるという安全設計になっていました。

冷たい牛乳を飲むとお腹が壊れちゃうから本当に助かります。

TaoTronics TT-MF001:まとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • 4種類のモードが搭載されているコンパクトなミルク泡立て器。
  • 濃密で弾力のある泡・ふわふわで飲み物に馴染む泡の2種類が作れる。
  • 泡立てだけでなく、ただ飲み物を加熱することもできて保温性もバッチリ。

1台で何役もこなせるだけでなく、コンパクトなサイズ感や安全面においても優秀な泡立て器。

コンセントさえあればどこでもカフェ気分を楽しめますし、手軽にワンランク上のおもてなしができちゃいますね。

自動で作ってる間に好きなことができて快適!

TaoTronics TT-MF001』のレビューでした。

Amazonギフト券チャージ
シェアしてくださると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる