Amazonで1000円貰えるイベント中!

【ロジクール G413 レビュー】Romer-Gと高級感が最高!全部入りのキーボード。

総合評価
(4.0)


今回は、Logicool(ロジクール)のゲーミングキーボード『G413rSV』をレビューしていきます!


全体的にメタル感が強めになっていて、ライトも白色のみに光る高級感あるゲーミングキーボード。

この「ゲーミング感」と「大人っぽさ」を両立させたデザインに一目惚れして購入してみました。

見た目はもちろん良いですが『Romer-G』というロジクール独自のキースイッチが採用されていて… 色々なキーボードを使ってきましたがこれは初めての感覚ですね。。

押したときにキーが少し「コリッ」とするタクタイルタイプ!

そんなLogicool(ロジクール)の『G413rSV』を正直にレビューしましたので、ぜひご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

ロジクール G413:特徴・外観

スペックはこちら!
(スマホは横にスライドできます)

Logicool(ロジクール)G413rSV
型番G413rSV
サイズ横44.5cm x 縦13.2cm x 高さ3.4cm
ケーブル長さ1.8m
重量1.5kg
ケースアルミニウム合金
バックライト白色のみ
キースイッチRomer-G(タクタイル)


トップケース部分は航空機の機体と同グレードのアルミニウム合金が使用されていて、かなり上品に見えます。


ザラザラっぽく見えますが、少しひんやりしてツルツル!

キートップに日本語の”かな”はありません。
上品なケースと合わさってオシャレですが、必要としている方は注意してください。。

LEDバックライトは白色のみで、高級感に特化している印象です。


このアルミのケースが白を反射させて超綺麗に光るんですよね


バックライトの設定は、ロジクールの専用ソフトウェアで変更することができます(光の色までは変更できません。)

ケースに埋め込まれないで、キーが上に飛び出ているものをフローティングデザインというのですが、この構造 × アルミ × 白色の組み合わせが控えめに言って最高です


高さは約3.4cmとなっていて、横から見てもキーが飛び出ている構造が綺麗。


これは絶妙に低すぎも高すぎもしないサイズ感なのですが、正直少し手首が疲れやすい角度に感じます。

メカニカルキーボードでは、薄い方の部類だね。


高さ2cmのパームレストだと少し使いづらく感じますが、1.5cmのパームレストだと丁度良いくらいの高さです。


コードは若干太めで、途中から2つに分かれています。



2つUSBを挿すことによって、キーボード自体に付いているUSBポートを使えるようにすることができるので少し太めです。

特にUSBポートを使わない場合は、キーボードマークの付いてる方のコードを1つPCに挿すだけでOK!

USBは別に1つでいいのに無駄に太くされている~と思ってしまいましたが・・

「この上品なキーボードに細めのコードが似合わない」とも思うので、太いコードがピッタリという結論ですw


▲ 目次に戻る

ロジクール G413:軸『Romer-G』

G413rSVは『Romer-G』というキースイッチ(タクタイル)が使用されています。

Romer-G の特徴

  • 耐久性:7000万回のキー押下
  • アクチュエーションポイント:1.5mm
  • 押下圧:45g
  • キーストローク:3.0mm


アクチュエーションポイント
というのはキーを押したときに反応する位置の深さで、1.5mmほどキーを押し込んだら入力が反応するということです。

1.5mm』これがかなり丁度いい数値!


Cherry MXのスイッチだと赤軸が2mm、銀軸が1.2mmになっていますが、

  • 「赤軸だとほんの少し反応が遅い。。」
  • 「銀軸だとキーの反応が良すぎて誤入力しちゃう。。」

と思うことがありました。

でも Romer-G(タクタイル) は軽く指を置いただけでキーが反応するといったことはなく、むしろ優しい茶軸のようなクリック感があるので硬いくらい。

しかも反応が早いという色々な軸のいいとこ取り

色々なキーボードを使っている状態からRomer-Gを使うと、複数の押し心地を楽しんでいるような感覚になりました。


ナナメ気味に押すと側面に擦れて少し引っ掛かるように感じるときもありましたが、基本的に使い勝手の良いキースイッチです!


▲ 目次に戻る

ロジクール G413:使用感

キーの押し心地が素晴らしいと思う反面、「少し圧が強くて重めかな?」とも感じます。

同じ「タクタイル」タイプの茶軸は押下圧(押したときに指にかかる圧力)が約55gなのに対して、Romer-Gは約45g。

それでもRomer-Gの方が、すぐに分かるくらい重く感じます

動く茶軸

茶軸(押下圧 約55g)


Romer-Gはその分、他の反応速度・打鍵音が静かな部分などが優れているので差別化はできていますが…気になる部分ではあります。

「茶軸と比べたら重い」ってだけで普通に押し心地は気持ち良いですよ!


そしてテンキーが付いているサイズのキーボードなのに、メディアコントロールボタンがないというのは少し残念です。


Fnキーを押しながら[F9]などを押すことによって曲や動画を停止・再生させることができるので問題ナシですが

フルサイズキーボードですし、右上のスペースが ガラ空きなら活用してほしいな~とも思ってしまいますw

[Fn]キーでやれることまとめ

  • F7:バックライトの明るさを25%ずつ下げる
  • F8:ゲームモードボタン
  • F11・F12:前へ戻る・次へ進む
  • SCRLK・PAUSE:音量を下げる・上げる

慣れたら楽だし、[Fn]キーで機能をまとめてくれているのは良いね!


MEMO
「ゲームモードボタン」を押すと、ゲームなどでの誤入力を防ぐために[Win]キーなどを押したときに反応されなくなります。
ロジクールの専用ソフトウェアを使うと、ゲームモードで無効にするキーを選択することもできます。

少し気になる部分はあったものの、全て慣れれば問題のない要素だったのでシンプルに使いやすいゲーミングキーボードだと感じました!


▲ 目次に戻る

ロジクール G413:まとめ

この商品のまとめ

  • キレイ・お洒落・カッコイイ。
  • フローティングデザインになっている。
  • キーを押した感じが少し重い。
  • 色々な軸の良い部分を集めたキースイッチ。

いかがでしょうか!

キーボードとして色々な面で優れているのに、高品質キーボードの中では若干リーズナブルで手が付けやすいです。

僕もブログ執筆などで指が疲れることなく使えてますし、色々な種類のゲームでも大活躍。

高級感でデスクが映える!

Logicool(ロジクール)『 G413rSV(タクタイル)のレビューでした。

▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 ロジクールまとめアイキャッチ 【厳選】人気なロジクールのゲーミングキーボード5選!タイプ別に紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。