MENU
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴15年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って、全力でレビューしています!

レビュー依頼、ご意見なども受け付けておりますので、ぜひお気軽に『お問い合わせフォーム』や『TwitterのDM』からご連絡くださいませ。
おすすめのゲーミングキーボード5選!

【2022年】静音性の高いゲーミングキーボード3選!打鍵音についても解説します。

静音ゲーミングキーボードのアイキャッチ

この記事では「静音性が高いキースイッチの解説」&「静音ゲーミングキーボード3選」をご紹介していきます!

キーボードを使うとなると、常につきまとうテーマ『打鍵音(だけんおん)』

様々な種類・構造によって静音性が高いモノもありますが、今回はゲーミングキーボードに絞って紹介します。

通話中・色々な場所で使うなら打鍵音は静かな方が良いよね。

ということで、記事内容をまとめると以下のような2点になります。

結論からいうとゲーミングキーボードでは「完全に無音」レベルのモノはありませんので、音が鳴る前提で「静音性が高い」モノの紹介です。

「どういったスイッチの打鍵音がうるさいのか」なども解説しますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

タップできるもくじ

静音性が高いキースイッチとは:選び方

そもそも「静音性が高い」とは色々な考え方があると思いますが、無音に近いほど静かというのは難しいです。

キーを底まで叩いたり、弾ませるためにバネなどのパーツが使われているので、「カチカチ」といった音が鳴らないとしてもタイプ音自体はうるさくなりがち。

赤軸を分解

「ピンク軸」や、あまり採用されることはない「静電容量無接点」というスイッチの方が当然静かにはなりますが… ゲーミングキーボードでは珍しい&高額になります。

つまり「ゲーミング」キーボードだと、ガチの静音は難しい。

【関連記事】ゲーミングキーボードと普通のキーボードの違いとは?


上記で説明したことを頭に入れたうえで… 静音性の高いキースイッチを選ぶ際のポイントをまとめると、このような内容になっています。

上から順番に説明していきますね!

まずはキースイッチの形状を定める

ゲーミングキーボードでは様々なスイッチを選ぶことができますが、「静音性の高いスイッチ」となるとタイプが限られてきます。

この条件をふまえてタイプをザックリ分けると、こちらの2つに分類されます。

  • メカニカル:それぞれが独立しているになっていて、押し心地・重さなどが調節可能
  • メンブレン:一体型になっていて、細かい押し心地の調整はできないので安価
MINILA-Rのキースイッチ
メカニカルスイッチ
HOKONUI キーボードのメンブレンスイッチ
メンブレンスイッチ

【関連記事】メカニカルキーボードの軸ってなに? 主な6種類の違いを解説。


今回の記事では『メカニカル』を主に紹介しているので全てメカニカルスイッチのキーボードを紹介していますが、メンブレンスイッチも静音性はかなり高いです。

少し安っぽく感じる部分や、押し心地を選ぶことができない構造といった部分も問題ないよ~という人はメンブレンのキーボードを検討するのも当然ありです。(↓メンブレン多めに紹介)


上記の記事でも紹介していますが、メンブレンスイッチ採用の『Logicool G213』はめちゃくちゃ静かです。(今は新製品の『Logicool G213r』が出ています。)

そもそもの構造上で金属パーツがなければバネも使ってません。聞こえるのはペコッとしたメンブレンの音だけなので、特にメカニカルにはこだわりがないという方におすすめです。

そのスイッチの中でタイプを決める

ここからはさらに深掘りして、静音性を求めるうえで重要な要素である「メカニカルスイッチ」にはどんな種類があるのかというと・・

  • リニア(クリック感がなく滑らか)
  • タクタイル(少しクリック感がある)
  • クリッキー(クリック感がしっかりとある)

本当にザックリと分類すると、上記の3タイプに分けられます。


特徴を見て気が付くかもしれませんが、もちろんクリック感があると音は大きくなりがち。

動く赤軸
リニアタイプ
動く青軸
クリッキータイプ
クリッキーは「カチカチ」って音がするスイッチだね。

なので基本的に静音性を求めるとリニアタイプから選ぶことになります。

リニアの中でも銀軸などの人気なスイッチもありますが、キーに触れると即反応してしまうゲーマー用のスイッチみたいな部分がありますので、

静音性があり、ゲーム・普段使いもできる『赤軸』はかなり万能なスイッチです。

▼ おすすめの赤軸ゲーミングキーボードはこちら

同じリニアタイプでも静音レベルは違う

『赤軸』といってもメーカーごとに出している独自のキースイッチや、キーボード本体の材質や構造でも静音性にかなりの違いがあります。

G PRO XとCorsair K70 LUXを比較
Majestouch StingrayとG913を比較

上記の画像だけでもGX赤軸・MX赤軸・低背赤軸・GL赤軸といった、押し心地や薄さが異なるスイッチたちが。

そして全く同じスイッチでも、キーボード本体側の工夫で押し心地・音が変わったりするので深すぎる部分でもあるのですが。。

MINILA-RとCorsair K70の比較
例えば上画像のキーボードだと左の本体は静音性が高くて、右は底まで叩くと金属音が鳴りがち。

キースイッチの種類だけで決めつけるのではなく、キーボード丸ごとの性能で判断すると間違いないです。

いくらおすすめしても「人それぞれ」で終わってしまう部分でもあるのですが、相性の良いブランドに出会えると今後の失敗が格段に減ります。

この記事で紹介しているキーボード3選はレビュー記事・打鍵音の動画を添えていて、大手ブランド3種からチョイスしてみましたので、ぜひ好みを見つけてみてくださいね。

静音赤軸(ピンク軸)は静かだけど…

ピンク軸

リニアタイプである『ピンク軸』は静かさに特化したスイッチですが、ゲーミングキーボードとしては採用されないことが多いです。

そしてキースイッチ自体はとても静かですが、もちろん底まで叩いた金属音は反響します。

ただ打鍵音がダントツで静かなのは違いない。

独自のキースイッチを開発されているのなら難しいのも分かりますが、よく出回っているCHERRY MXのスイッチを使うならもっとピンク軸を採用してくれてもいいのにと思ったり。

今回の3選には入れていませんが『Ducky One 2 Mini(ふもっふのおみせ)』というゲーミングキーボードだとピンク軸が選べたりと、かな~り人気があったりします!(リンク先でピンク軸が選べない場合は品切れ中)

ただピンク軸は「重くて少し疲れる?」などと言われたりしているので、おもりを乗せて実験したり、タイピング動画など撮ってみた記事もありますので気になる方はぜひぜひ。

ネタバレすると、少しだけ重く感じますw

静音性が高いゲーミングキーボード3選

それでは、様々なゲーミングキーボードを使用してきて静音性が高いと感じたおすすめを紹介していきます!

静音性の高いゲーミングキーボード3選

  • HyperX Alloy Origins Core★1位
    コスパ良し・静音性ありの万能キーボード。静かなだけじゃなくとても滑らか。
     
  • Logicool G913★2位
    多機能・高性能・超静音の薄型キーボード。有線、無線、サイズなどが選べるのも強み。
     
  • Corsair K65 RAPIDFIRE★3位
    1.2mmほど押し込むだけで入力される超反応。ゲームでも活躍できる”銀軸”。

今回は上記の3種類をピックアップしました。

紹介しているキーボードは全て個別のレビュー記事や、音を確認するタイピング動画があるので「詳しく知りたい」と思った方はぜひ別記事も参考にしていただけると嬉しいです。

HyperX『Alloy Origins Core RGB

HyperXの『Alloy Origins Core RGB』です。

こちらは赤軸のゲーミングキーボードで1番おすすめしてるのですが、静音性の観点から考えてもやっぱりこのキーボードが1位だと思ってます。

HyperX Alloy Origins Core RGB レビュー

打鍵時にパーツの擦れ感や雑音が一切ないレベルで、シンプルなCHERRY MXの赤軸を触ったことある人なら今まで使っていた「滑らか」という言葉の概念が変わるレベルだと思いました。

押下圧は約45gになっていて、指に伝わる重さはよく出回っているCHERRY MXと同じくらいのちょうどいい重量。

HyperX Redキートップ外し
キースイッチ『HyperX Red』

ただ「やっぱりこのHyperX Redの方がいいよな~」と感じさせてくれる部分は、押す時の滑らかさだけじゃなくキーを押した後に軽く・早く跳ね返してくれるという意味での滑らかさもあるんですよね。

連打もしやすくてゲームとの相性がめっちゃ良い。

そして赤軸はクリック感がなく静かですが、どうしても「カーン…、コーン…」といったバネの音は聞こえてしまうもの。

ですが、このキーボードは耳を本体に近づけても全くと言っていいほどバネの音が聞こえません

動画で聞くと分かると思いますが、キーを底まで叩いた時のカタカタ・トコトコ音はもちろん聞こえます。(強めに叩いても他のキーボードのように嫌な音が響きませんが)

あくまで『雑音』がなく、静音性が高いって意味です。

バックライトも割と派手に光ったり、コンパクトサイズでありながらFnキーなども搭載されていて機能面もバッチリ。

気になる部分があるとすれば、少し汗をかいた後の指紋が残りやすかったり、それこそ滑らか過ぎるといったところでしょうか。

ここまでの文を読んで特に欠点を感じなかった方は騙されたと思ってぜひ使ってみてほしいです。「滑らか過ぎる」という部分が気になる方はシンプルに他の2製品をおすすめします。

▼ HyperX Alloy Origins Coreのレビューはこちら

一覧に戻る

Logicool『G913』

Logicoolの『G913』です。

ロジクール G913 レビュー

とても薄めのデザインになっていて、多機能・遅延なしのワイヤレスなどを搭載している高性能のゲーミングキーボード。

『GLリニア』というキースイッチが採用されていて、一般的な赤軸と比べるとかなり平べったい構造なのが特徴ですね。

G PRO XとG913 薄さの比較

こんなに薄くてもノートパソコンのようなペチッとした感触ではなく、滑らかな赤軸感はしっかり指に伝わります。

この薄さは打鍵音に関してもプラスに働いていて、バネの形状が違ったり軸が縦に短いのでカーンと響くバネの音がなくて静かなんですよね。

押したときの重さは約50gになっていますが、この薄さのおかげか45gのキースイッチより軽く感じるレベル。

ゆっくりと押すと「確かに…!?」と重さが分かるんですけど、叩くとスカスカに感じる面白いスイッチです。

GL リニア 赤軸

ワイヤレスについても問題なく、対人ゲームや音ゲーなどの速度・安定性がとても重要なゲームでも全く途切れることのない性能に驚きました。無線のレシーバーは割と離れててもOK。

充電が15%以下になるとライトが赤くなって教えてくれるので、有線キーボードとしてたまに充電しながら使えばいいだけなのも快適です。

少し気になる部分としては値段が高い、サイズが大きいという点がありますが、一応避ける方法もあるんです。

とても高性能なゲーミングキーボードでありつつも悩みに合わせて上記のような選び方もできちゃうので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼ Logicool G913のレビューはこちら

一覧に戻る

Corsair『K65 RAPIDFIRE』

Corsairの『K65 RAPIDFIRE』です。

コルセアK65 RAPIDFIRE レビュー

テンキーレスでありながらも、メディアコントロールなどが搭載されていたりと多機能なキーボード。

キースイッチはリニアタイプの銀軸で静音性がありつつ、反応がとても速いのでゲームと相性が良いのが特徴です。

他に紹介している2つのキーボードと比較すると、底打ち・バネ音が少し響きがちなモデルではありますが「静かなものと比べると」うるさいくらいかなと思います。

キーボード本体もLEDライトが綺麗に反射するアルミのボディですが、音が響きそうな質感ですしデザイン面を優先している部分があるかもしれません。

コルセアK65のキートップを外す

入力速度は「Cherry MX Red」と比べると40%も速く入力できるとCorsair公式の記載もあるほどなので、多少の静音性を犠牲にしつつ機能性を求めているゲーマーなら『K65 RAPIDFIRE』が最適。

押し心地はカシャカシャ系と超滑らかなスイッチの中間のような感覚で気持ちが良かったりと、そりゃ人気も出るよな~と感じさせてくれるゲーミングキーボードです。(静音性でのランク付けだから3位)

▼ Corsair K65 RAPIDFIREのレビューはこちら

一覧に戻る

静音性が高いゲーミングキーボードまとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • 静音性を求めるならキースイッチ選びが重要。
  • メカニカルスイッチの中でも静音性のあるリニアタイプが最適。
  • 同じキースイッチでもキーボード本体の構造で、打鍵音・押し心地が変わってくる。

今の時代リモートでの作業が増えたりするかもしれませんが、そんな状況でも活躍すること間違いなしの静かなキーボード。

ピンク軸を使うのもいいと思いますが金属音は結局響いてしまいますし、ゲーミングキーボードだと製品がかなり絞られてしまうので同じリニア系の軸をチョイスしてみました。

これなら通話中に使っても問題なし。

「静音性が高いキースイッチの解説」&「静音ゲーミングキーボード3選」の紹介でした。

今回紹介したゲーミングキーボードまとめ

  • HyperX Alloy Origins Core★1位
    コスパ良し・静音性ありの万能キーボード。静かなだけじゃなくとても滑らか。
     
  • Logicool G913★2位
    多機能・高性能・超静音の薄型キーボード。有線・無線か、テンキーのあり・なしを選べるのも強み。
     
  • Corsair K65 RAPIDFIRE★3位
    1.2mmほど押し込むだけで入力される超反応。ゲームで”静かに勝てる”銀軸。
     
  • Ducky One 2 Mini(ふもっふのおみせ)』※解説で登場したおすすめ
    貴重なピンク軸を採用しているゲーミングキーボード。大人気の60%サイズ。
     
  • Logicool G213r※解説で登場したおすすめ
    静音性の高いメンブレンスイッチを採用。構造上でバネや金属がないのでとても静か。

 

Amazonギフト券チャージ
シェアしてくださると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる