【2023年】青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選!爽快な押し心地が楽しいキースイッチ。

青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選!爽快な押し心地が楽しいスイッチ

今回は「メカニカルスイッチ 青軸の特徴」と「青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選」を紹介していきます!

しっかりとしたクリック感があり、良くも悪くもカチカチと大きめの音が鳴る青軸あおじく

音を気にせず使える環境なら最高なスイッチだね。

記事の内容をまとめると、以下の2つになります。

様々なゲーミングキーボードと比較しながらまとめましたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

タップできるもくじ
マサヤ
ガジェビームの運営者
100種類以上のゲーミングデバイス・ガジェットを使い替えながら、Steamのゲームを毎日遊んでます。

青軸のゲーミングキーボード:特徴の解説

青軸のゲーミングキーボードの特徴解説

まず青軸を知るうえで「メカニカルスイッチ」の種類を簡単にまとめると、以下の3タイプになります。

  • クリッキー(クリック感がしっかりとある)
  • タクタイル(少しクリック感がある)
  • リニア(クリック感がなく滑らか)

両極端にある青軸(クリッキー)と赤軸(リニア)のGIF画像を添えておきますが、単純にこれほどの違いがあるんですよね。

動く青軸
クリッキータイプ
動く赤軸
リニアタイプ

青軸の音はうるさい?

青軸の音はうるさい?

正直、青軸の打鍵音はうるさいです。クリッキータイプなので押すと引っ掛かるパーツがあって気持ちいい打鍵感になりますが、そのおかげでカチカチと大きな音がでます。

周りに迷惑をかけてしまう場合があるので適した環境じゃないと使いづらいのが難点ですが、それこそ問題がなければ爽快で「ザ・メカニカル」といった感覚が最高なスイッチ。

クリッキータイプでしか味わえないメリット・デメリットがある。

そして普段キーボードを使いながら通話をする人なら、メイン機には選ばない方がいいキースイッチでもあります。

周りの人が「青軸の音好き!」と言っていたり、ノイズキャンセリング機能などでしっかり対策できているなら問題ない部分ではありますが…。

どのような場合でも赤軸茶軸あたりの万能なキーボードを既に持っているなら、問題なく青軸のゲーミングキーボードに手を出してもOKというポジションかと思いますね。

青軸のゲーミングキーボード:おすすめ3選

青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選

様々な製品を使用して、おすすめしたい青軸のゲーミングキーボードを3種類に厳選しました。

青軸ゲーミングキーボードおすすめ3選

  • Logicool G610 BL
    ザクザクとした豪快な青軸が楽しめる。多機能&良デザイン。
  • Logicool G PRO X
    王道であり、まさに万能といった使い心地。軸の交換も楽しめるキーボード。
  • HiveNets ゲーミングキーボード
    低価格でありながらメカニカルスイッチ採用。コンパクトでもしっかり多機能。

紹介しているキーボードは打鍵音・個別のレビュー記事もあるので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

Logicool G610 BL

Logicool G610BL レビュー

のっぺりとしたキーキャップに、ホワイトのみのLEDバックライトで高級感のあるキーボード。

メディアコントロールボタンもあり多機能で、王道のスイッチ「Cherry MX Blue(青軸)」を採用しているのが特徴です。

G610の青軸

しっかりとした押し心地の青軸で、複数のキーを同時に押すとザクザクといった感触がする豪快なスイッチ。

作動点をカチッと押し切るまでは意外と重く感じますが、指を弾ませるように叩くと気持ち良くバウンドしてくれます。

カチッとなる部分の反応が気になるかもしれませんが、普通に反応は速めで全キーの同時押しにも対応してるのでゲームに使ってもバッチリです。

コスパにおいても「他の高級キーボードと同じレベルなのになんか安くない?」といった理由からか、青軸やマクロ機能の入り口として選ばれることの多いゲーミングキーボードです。

▼ Logicool G610BLのレビューはこちら(ソフトウェアを使ったマクロ機能も解説)

一覧に戻る

Logicool G PRO X

Logicool G PRO X レビュー

ロジクール独自のキースイッチGX Blue(青軸)が採用されているテンキーレスサイズのコンパクトなキーボード。

元から付いているキースイッチ引き抜いて別売りの軸と交換できるのが特徴です。

GX青軸

同時にGX赤軸・GX茶軸も販売されているので全て購入しましたが、キーごとにバラバラなスイッチをカスタマイズできるのも楽しいです。(ゲームに使うキーだけ軸を替えてみたり)

「僕の考えた最強のゲーミングキーボード」が作れる。

GX青軸の打鍵音は、カチカチ・シャキシャキといった軽めの青軸に感じました。

複数キーを同時押しすると、G610の青軸は「ザクザク」だったのに対して、PRO Xは「サクサク」のような押し心地。

青軸はしっかりとクリック感のあるスイッチですが、その中でも特に軽めの音・押し心地を求めている人にピッタリなゲーミングキーボードだと感じます。

もちろん当然のように多機能であったり、LEDバックライトもめちゃくちゃ綺麗ですよ。

▼ Logicool G PRO Xのレビューはこちら(別売りだったGX赤軸・茶軸のレビューもあります)

一覧に戻る

ゲーミングキーボード HiveNets

HiveNets ゲーミングキーボード

メカニカルスイッチが使用されているにもかかわらず、4000円ほどで購入できる英語配列のゲーミングキーボード。

低価格帯ですが20パターンのLEDライトや、しっかりとした青軸スイッチが使用されているのが特徴です。

HiveNets 青軸

値段が高い物と比べると基盤に対してスイッチの安定感が少し弱く感じたりはしますが、カチカチとした青軸感はバッチリ。

ライトの使い方などはAmazonの商品ページに詳しく記載されていて、ゲーミング感のあるLEDライト好きにはたまらないほどの機能が搭載されています。

HiveNetsのLEDバックライト

「今回紹介している中で唯一の英語配列」という点には少し注意ですが、主にゲームで使用するなら日本語配列からの急な移行でも問題なし。

1万円近いものを使うより、まずは青軸の使用感・打鍵音や、LEDバックライトの光り方などを確かめたいという人におすすめのゲーミングキーボードです。

一覧に戻る

青軸のゲーミングキーボード:まとめ

青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選!爽快な押し心地が楽しいスイッチ
  • カチカチといった打鍵音の青軸。
  • どこでも使える万能なモノではないが、使用できる環境なら素晴らしいスイッチ。
  • 「ザクザク」「サクサク」といった様々な押し心地もある。

おすすめ3選では押し心地や価格帯の違う製品をチョイスしてみましたので、キーボード選びの参考になれば嬉しいです。

青軸は使っていて楽しいのですが、やっぱりうるさいので「1台目のキーボードではないか」「周りの人に迷惑をかけないか」などに注意してほしいですね。

音を気にするなら少し軽めの「Logicool G PRO X」がおすすめ。

メカニカルスイッチ青軸の特徴と、青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選の紹介でした。

青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選

  • Logicool G610 BL
    高価格のキーボードより少し安め。しかし高級感・機能面でも全く劣らないのが人気の理由。
  • Logicool G PRO X
    王道であり、まさに万能といった使い心地。軸の交換も楽しめるキーボード。
  • HiveNets ゲーミングキーボード
    低価格でありながらメカニカルスイッチ採用。コンパクトでもしっかり多機能。
この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁り、気になっている情報を提供できるようにがんばります!

コメント

コメントする

タップできるもくじ