MENU
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴15年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って全力でレビューしています!
Steamに住んでる。
ゲーミングキーボードのおすすめ5選!

【Logicool G PRO X レビュー】サクサク爽快な青軸!最強に使いやすいゲーミングキーボード

Logicool G PRO X レビュー

今回は『Logicool G PRO X キーボード』をレビューしていきます。

Logicool G(ロジクール G)から『G PRO』が発売され、良い部分を引き継ぎつつ2年後にリニューアルされた『G PRO X』

キースイッチが『Romer-G』ではなく『GX青軸』になり、軸を自由に交換できるというゲーミングキーボードになっています。

なので別売りのGX赤軸を使ったりすることで…

  • 常に使うWASDキーとかは滑らかな赤軸
  • スキルとかは軽くストッパーが欲しいから青軸

というように、バラバラのスイッチを装着して自分好みのキーボードにカスタマイズすることも可能になっちゃいました。

お手軽に自作キーボード気分が楽しめる。もちろんキーを交換しなくてもめちゃくちゃ使いやすいよ。


しっかり使い込んで正直にレビューしましたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

G PRO Xに加え、赤軸・茶軸も併せて購入していますが、今回はデフォルトのGX青軸のみの記事となっています。
(▼ 別記事でのレビューはコチラ!)

G PRO X(茶軸)アイキャッチ
茶軸のレビュー
G PRO X(赤軸)アイキャッチ
赤軸のレビュー
タップできるもくじ

Logicool G PRO X キーボード:概要

Logicool G PRO X

型番G-PKB-002
サイズ横36.1cm x 縦15.3cm x 高さ3.4cm
ケーブル長さ1.8m(着脱可)
重量980g
バックライトLIGHTSYNC RGB
キースイッチGX 青軸(クリッキー)

コンパクトなテンキーレスサイズのゲーミングキーボード。

この型番だとデフォルトの軸はGX青軸のみになっていて、同キーボードのGX赤軸、GX茶軸は別売りのスイッチでカスタマイズできます。(推奨はされていませんが無関係のスイッチも装着可能)

キースイッチの付け替え機能が必要なければ、3種の軸がそれぞれ最初から付いている『G-PKB-002LN』(赤軸)のような製品も選ぶことも可能です。

付属品:着脱可能なケーブルなど


付属物はこんな感じです。よく付属で付いているWASD等のおまけキーはありませんでした。

こちらは定番のGシールと感謝のメッセージ。


そしてキーキャップを外すための道具。これは先っちょが少し特殊でキースイッチ自体を外すこともできる形になっていますね。


コードは着脱可なのでバラバラで付属してました。

かっちょいい角みたいなパーツが付いているので、他のデバイスに使い回ししづらいデザインではあるかなと思います。

スイッチが外せるキーボードに合わせて、特殊なキーキャップ外しが付いてきたのは嬉しいポイントでした。

外観:シンプルでコンパクトなサイズ

キートップに かな表示はありませんが、指でどのキーを押してるかの確認がしやすいようにキートップの上の方に印字があります。

文字部分は印刷ではなくて透明パーツで構成されているので剥がれたりもしません。

サイズは横幅が約36cmで、奥行きが15.3cmです。

高さは裏のスタンドを立てていない状態3.4cmほど。

シンプルに使いやすいですが、パームレストを使う場合は2cmくらいものが丁度いい高さでした。

裏面にはスタンドが付いていて、中間部分を取り出したりすることで角度が4度と8度から選べますね。

裏面はロジクール定番の構造のようで『Logicool G610』などと同じ作りかなと。

スタンドだけでなく滑り止めが5ヶ所も付いているので、木のデスクでもバッチリ滑りませんね。

全体的にシンプルかつ上質なデザインに感じられました。

バックライト:LIGHT SYNC

Logicool G PRO X』はUSBを挿した瞬間、カラフルな色が流れるように光りだします。

画質が落ちちゃいました…。

実物だとハッキリ分かりますが、発色が薄くなりがちな黄色・オレンジも色がハッキリとしていました。

自分はLEDバックライトが特に好きでも嫌いでもなかったけど、これなら好きだと思える。

基盤に付いているライトが綺麗に光っているので、透明のキースイッチなんかを挿せば同じ色で光らすことができますね。

『LIGHTSYNC RGB』はロジクールの専用ソフトウェアで様々な光り方のパターンなどをカスタマイズすることができます。


今回はお気に入りの光り方を三種類だけ抜粋して紹介します。

『Sunstreak』

『SynchroCycles』

『BleepBloop』

上記の3種類を入れてもこのような光り方が決まってるパターンは16種類もありました。

他にも細かいキーごとの光り方、速度とかも調整できるので自分好みにカスタマイズできますね。

デフォルトの軸が青軸のみ?

今回紹介している『キースイッチを付け替えできる型番』だと 赤軸・茶軸が使いたくても別売りのスイッチを購入するしかないんですよね。

付け替え機能が必要ない場合は3種それぞれのスイッチで…

・『G-PKB-002LN』(赤軸)
・『G-PKB-002LoL』(茶軸LoLモデル)

上記のような型番があるので、Amazonの場合はボタンを切り替えることで購入することができました。

もちろんカッコイイけど茶軸が強制的にLoLモデルになっちゃうのも少し気になるところ。

自分は全ての軸が気になっていたので他2種の軸も全て購入しましたが「青軸が使えるような環境じゃないけど、付け替えタイプが欲しい!」という人もいるかと思います。

シンプルに最初から3種類のスイッチから選べる付け替えタイプのキーボードを出してくれればいいだけなのですが、難しい部分なのでしょうか。

正直「ごちゃごちゃ言わずにキーボードとキースイッチを両方買ってね!」という意思が伝わってきます。実際かなり使いやすくて楽しいんですけどね。

Logicool G PRO X キーボード:使用感

まずは『Logicool G PRO X』で使われているGX青軸の性能をまとめてみました。

  • アクチュエーションポイント:2.0mm
  • キーストローク:4.0mm
  • 平均押下圧:50gf
  • タクタイル圧:60gf

タクタイル圧というのは青軸がカチッとなる(キーが反応する)のに必要な重量のことです。

実際に、大体のキーは沈むレベルの50gおもりを乗せてみてもキーは反応しませんでした。

それでも使ってみると特別重いと思うことはなくサクサクとした押し心地なので、むしろどの軸よりも軽く感じるくらい。

一般的な青軸(CHERRY MX Blue)が使用されている『Logicool G610』なども使っていますが、GX青軸の方が軽くて指への負担も少なく感じます。

その分、打鍵音は軽くて高い音がするイメージ。

ということで音の確認も含めて音ゲーASMR(?)動画を撮ってみました。

リズムを取るために強めに押してしまうと、結構うるさめの高い音が響きますね。

軽めでクリック感が気持ちいいから、ゲームでもかなり使いやすいわ。

GX青軸に少し飽きたな~と思ったら、全部のキーを交換しなくてもゲームで使うキーだけを他軸に変えて気分転換できるのも楽しいです。

適当に付けましたがWASDだけ赤軸にできたり。

ささっと赤軸に変更してみたところ、正直ゲームは別売りの『GX赤軸』の方が完全に使いやすく感じました。

ただこのクオリティのキーボードで赤軸・茶軸をもう一台買おうとしたら1万円以上してしまうところを、追加で約6千円ほど払うだけでGX軸を使えると考えるとお得ですね!(Logicool信者の思考回路)


最後に付け替え関係なく使用面をまとめると「軽めの青軸が気になっていて、ゲームによく使う予定でコンパクトなキーボードを求めてる人」にドンピシャな性能だと思いました。

シンプルに使いやすい良キーボードなのでおすすめです。

Logicool G PRO X キーボード:レビュー

  • キーの付け替えができるGX青軸 or いじれないGX赤軸・茶軸
  • 打鍵感がサクサクと軽くて使いやすい。
  • LEDバックライトが綺麗に光る。
  • コードが着脱可能&テンキーレスなので片付けの時に綺麗にまとまる。

全体的に高級感があって、使用感・機能面も優れているキーボード。

この型番は軸を取り外すことができるので、遊ぶゲームごとのキー設定や気分ごとに軸を替えてオリジナルのカスタマイズできるのがやっぱり良いですね。

ぼくのかんがえたさいきょうのゲーミングキーボードが作れる!

Logicool G PRO X キーボード』のレビューでした。

あわせて読みたい
【2022年】おすすめのゲーミングキーボード5選!選び方も解説します。 この記事では、「おすすめのゲーミングキーボード5選」と「ゲーミングキーボードの選び方」を紹介していきます! これまで『本当のおすすめ』を見つけるために貯金とい...
あわせて読みたい
【2022年】青軸のゲーミングキーボードおすすめ3選!爽快な押し心地が楽しいスイッチ。 今回は「青軸キースイッチの特徴」&「厳選した青軸のゲーミングキーボード3選」を紹介していきます! ゲーミングキーボードのスイッチは色々な押し心地がありますが、...
あわせて読みたい
【2022年】ロジクールのゲーミングキーボードおすすめ5選!安定したクオリティで使いやすい。 この記事では「ロジクールのおすすめゲーミングキーボード5選」&「キーボード選びで確認したい5つのポイント」を紹介していきます! 安定した使い心地・デザインのロジ...
あわせて読みたい
【2022年】テンキーレスのゲーミングキーボードおすすめ4選!テンキーについても解説します。 この記事では「ゲーミングキーボードにテンキーは必要か」&「テンキーレスのゲーミングキーボードおすすめ4選 」などを紹介していきます! フルサイズのキーボードから...
Amazonのゲーミングスタンプ
シェアしてくださると嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ