おすすめのゲーミングキーボード5選!

【ガチ】おすすめのゲーミングキーボード5選!選び方も解説します。

おすすめのゲーミングキーボード

この記事では、「おすすめのゲーミングキーボード5選」と「ゲーミングキーボードの選び方」を紹介していきます!

これまで『本当のおすすめ』を見つけるために貯金という概念を捨て、人気と言われるゲーミングキーボードを買い漁ってきました。

ここ半年だけでも30個以上のキーボード買ってたよw

ということで、ザックリと記事をまとめると…

このような内容になっています。

皆さんが失敗しないように実際に購入・レビューをして『人気商品をさらに厳選』しましたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

タップできるもくじ

おすすめのゲーミングキーボード5選

おすすめキーボードアイキャッチ

\ 読み飛ばしガイド /

それではゲーミングキーボードのおすすめ5選を紹介していきたいと思います!

ランキング1位2位3位4位5位
商品名
※画像をクリックすると、記事内のレビューに移動します。
HyperX Alloy Origins Core

HyperX Alloy Origins Core RGB
Corsair K65 RAPIDFIRE

Corsair K65 RAPIDFIRE
Logicool G PRO X
G PRO X
Logicool G610BL

Logicool G610BL
Logicool G213

amazon_G213
特徴雑音のない超滑らかな赤軸。
サイズ感・LEDライトなど含め万能。
ゲームで活躍する超反応。
LEDバックライトもかなり綺麗。
サクサクとした軽めの青軸。
キースイッチの交換が可能。
ザクザクとした豪快な青軸。
大人っぽいデザイン&多機能。
王道の良コスパキーボード。
押し心地より機能性を重視。
キースイッチHyperX 赤軸CHERRY 銀軸GX青軸CHERRY 青軸メンブレン
ストローク3.8mm3.4mm4.0mm4.0mm4.0mm
作動点1.8mm1.2mm2.0mm2.2mm底面
押下圧45g45g50g60g50g
同時押し数NキーロールオーバーNキーロールオーバー26キーロールオーバー26キーロールオーバー10キーロールオーバー
税込み価格
※執筆当時(2020/12/13)のAmazon参照
¥11,980¥14,740¥12,700¥9,500¥6,182

HyperX Alloy Origins Core RGB

Alloy Origins Coreの正面

HyperX Alloy Origins Core RGB』です。

HyperX独自のキースイッチが本当に素晴らしくて、とにかく滑らかで使いやすい!

もちろん底まで叩いたコトコトという音は響いてしまいますが、「びよ~ん・カ~ン」といった嫌なバネ音は全くと言っていいほど聞こえないことに驚きました。

HyperX Redキートップ外し
市販のキーボード&この価格帯で手に入っていいレベル?

クリック感が欲しい方には申し訳ないですが、赤軸のようなリニアタイプのスイッチが好みの方ならドンピシャの性能だと思います。

テンキーがなく省スペースでありながらも、Fnキーに対応しているので便利機能はバッチリ。

「滑らか過ぎるのはちょっと・・」という方以外には、心からおすすめできるゲーミングキーボードです。

▼ HyperX Alloy Origins Coreのレビューはこちら

表に戻る

Corsair K65 RAPIDFIRE

暗い部屋で光るコルセアK65

Corsair K65 RAPIDFIRE』です。

とにかく反応速度が早い銀軸が採用されていて、キーを1.2mmほど押し込んだだけで入力されるほどの超反応。

ゲームではもちろん最適なのですが、軽いタッチでも入力されてしまうので普段使いだと誤字をしてしまいやすいのが唯一の欠点かな~と思います。

逆に考えれば、ふわっと曖昧に叩くことをなくす練習にもなる!


テンキーレスキーボードなのでメディアコントロールボタンが数個しか付いていませんが、Fnキーなどの機能もバッチリ。

着脱可能な独自のパームレストも手に馴染み、テンキーレスというサイズも色々なシーンで使いやすいです。

斜めから見たコルセアK65

滑らかな押し心地で指が疲れにくいのも合わさって、まさにゲーマーにおすすめのゲーミングキーボードだと思いました。

反応速度はどのゲームでも重要な要素ですよね!

▼ Corsair K65 RAPIDFIREのレビューはこちら

表に戻る

Logicool G PRO X

Logicool G PRO X』です。

デフォルトではサクサクと軽めの青軸で「爽快」という言葉がピッタリのキースイッチが搭載されていますが、好きな軸と交換することができるキーボードになっています。

もちろんスイッチは別売りだけど、もう一つキーボード買うよりは安いよね!(洗脳済み)

何と言いますか、悪く言ったら「シンプル」なんですけど、サイズ感やキーキャップの質感・触り心地、デザインが全て安定しているんですよね。

気に入りすぎて別売りのGXスイッチを全て購入しましたが、特に赤軸がめちゃくちゃ使いやすいので「デフォルトのスイッチにしてくれないかな~」とずっと思っていますw

使うキーごとにスイッチを付け替えて自作キーボード気分を味わえて、楽しい&万能なゲーミングキーボードです!

▼ Logicool G PRO Xのレビューはこちら

表に戻る

Logicool G610BL

G610の正面

Logicool G610』です。

しっかりとしたクリック感のある青軸が採用されていて…カチカチという音はもちろん、複数キーの同時押しをすると「ザクザク」というほどのクリック感を楽しめるキースイッチです。

これぞメカニカル!といったような押し心地で、使用環境に考慮する必要がありますが好きな人にはぶっ刺さる性能をしています。

色々な青軸があるけど、どうせなら豪快にカチカチするのが最高!

表面の触り心地も滑らかで、高級感のある材質になっています。

G610のボディ

バックライトは綺麗に光りますが、カラーは白色のみなので少し大人っぽいデザインですね。

様々な便利機能が揃っていて、26キーロールオーバー(指の数的に実質 全キー同時可能)なのでゲームでもバッチリ。

豪快な青軸のゲーミングキーボードが気になる人におすすめです!(手を出しやすい価格なのも良い)

▼ Logicool G610BLのレビューはこちら

表に戻る

Logicool G213

G213の正面

Logicool G213』です。

他のおすすめランキングや、Amazonの「ゲーミングキーボードカテゴリー」のランキングでも上位(1位)になりがちな定番キーボード。

『最強のゲーミングキーボード!』というよりは、「万能&価格的におすすめ」という位置づけだと思います。

安くて多機能・綺麗に光る・パームレスト付き。人気なのも頷けるよねw

メンブレンは「静かさに特化したメカニカルスイッチ」には敵わないくらいのタイプ音ですが、普通のメカニカルスイッチの打鍵音より静かなレベル。

ペコペコとした軽めの押し心地のスイッチがシンプルで使いやすく、特に「ゲーミングキーボードの機能を色々確かめたい」という人におすすめです!

▼ ロジクール G213のレビューはこちら

表に戻る

特徴ごとのおすすめゲーミングキーボード

ここまでは全体的なキーボードでのランキングを紹介してきましたが、それぞれの特徴ごとに分類したおすすめのゲーミングキーボードをピックアップしていきます!

特徴別に紹介コスパが良い静音性が高いテンキーレス60%サイズワイヤレス
商品名
※画像をクリックすると、記事内のレビューに移動します。
NPET K10

Logicool G913

HyperX Alloy Origins Core
HyperX Alloy Origins Core RGB
Ducky One 2 Mini RGB

Logicool G913

特徴静か&シンプルな押し心地。
超低価格でも多機能・LEDライトはバッチリ。
薄型キースイッチを採用。
3種類から選べるが、特に赤軸が静か。
雑音のない超滑らかな赤軸。
サイズ感・LEDライトなど含め万能。
ゲームと相性の良い銀軸。
超コンパクトなサイズ&良デザイン。
無線目的ならコレ一択。
ワイヤレス・Bluetooth・有線のどれでもOK。
キースイッチメンブレンGLリニア 赤軸HyperX 赤軸CHERRY 銀軸GLリニア 赤軸
ストローク4.0mm2.7mm3.8mm3.4mm2.7mm
作動点底面1.5mm1.8mm1.2mm1.5mm
押下圧50g50g45g45g50g
同時押し数26キーロールオーバー公式未記入NキーロールオーバーNキーロールオーバー公式未記入
税込み価格
※執筆当時(2020/12/13)のAmazon参照
¥2,299¥27,000¥12,700¥13,500
(正規代理店 ふもっふのお店
¥27,000

コスパの良いゲーミングキーボード

今回の記事でもコスパを考慮しつつ、おすすめのゲーミングキーボードを紹介しましたが…

価格の方が1万円をオーバーしている物が多かったので「安さ重視」で選んだものを別の記事でまとめてみました。

▼ コスパの良いおすすめゲーミングキーボード

その中でのおすすめをピックアップすると…

NPET K10』です。

NPETのアイキャッチ

約2300円という破格の値段ですが、LEDバックライトは綺麗に光り、便利機能もバッチリ搭載されています。(PCを使わずにライトの設定可能)

Amazon売れ筋ランキングでも上位に居座っている おすすめのゲーミングキーボードです!

▼ NPET K10のレビューはこちら

表に戻る

静音性の高いゲーミングキーボード

キーボードの打鍵音において「うるさい」という音をどのように定義するかによりますが、メカニカルスイッチを使用している時点でバネの音などは聞こえるんですよね。

そういった点も含めて『ゲーミングキーボード』で静音性の高いおすすめを別の記事で紹介しています。

▼ 静音性の高いおすすめゲーミングキーボード

その中でのおすすめをピックアップすると…

Logicool G913』です。

キーのストローク(押してから底までの距離)が僅か2.7mmというのもあり、GLリニアスイッチ(赤軸)を選んだ際の静音レベルが非常に高くなっています。

現在はコンパクトになったテンキーレス版も登場しましたので、「あとはお値段だけ…」といったところでしょうか。

とは言っても高級なデザイン・多機能・使いやすさは「お値段以上」なゲーミングキーボードです。

▼ Logicool G913のレビューはこちら

表に戻る

テンキーレスのゲーミングキーボード

100%のフルサイズからテンキーがなくなったことで80%サイズになったキーボード。

キーボードのサイズ比較

ゲーマーには必要のないことが多いテンキーをなくしつつ、矢印キーやファンクションキーを残したという万能なサイズのゲーミングキーボードになっています。

▼ テンキーレスのおすすめゲーミングキーボード

その中でのおすすめをピックアップすると…

HyperX Alloy Origins Core RGB』です。

Alloy Origins Coreの正面

はい、この記事で紹介しているおすすめのゲーミングキーボード1位で紹介したものと同じになっていますw

使いやすさ・打鍵音の静かさ・ライトの綺麗さ・多機能で素晴らしいのですが、テンキーレスサイズでもあるということで選ばせていただきました。

表に戻る

60%サイズのゲーミングキーボード

先ほど紹介した80%のサイズより、さらに小さくなった60%キーボード。

ここまでくると流石に利便性は失われると思うのですが… 「ゲームでは必要のない機能が省かれているから問題ない」ということで人気のあるゲーミングキーボードです。

(機能が全く使えないというわけじゃなく、Fnキーを使う必要があるので少し面倒&慣れが必要)

▼ 60%サイズのおすすめキーボード

その中でのおすすめをピックアップすると…

Ducky One 2 Mini RGB 60% version』です。

スイッチ面でもゲームとの相性が最高な「CHERRY MX Silver(銀軸)」や、打鍵音の静かさに特化したピンク軸を選ぶことができたりと、今では王道キーボードのポジション。

実はスイッチ自体はよく出回っているシンプルな物なので… やはりブランドパワーや、コンパクトでオシャレなデザイン・LEDライトの綺麗さが人気の理由だと思いますね。

表に戻る

ワイヤレスのゲーミングキーボード

デスク上の配線を気にせずに使用することができるワイヤレスキーボード。

むしろデスクどころか、膝の上や布団の中からでも操作できるのが特徴ですが、バッテリー・通信の途切れなどが少し気になる部分でもあります。

▼ ワイヤレスのおすすめゲーミングキーボード

その中でのおすすめをピックアップすると…

Logicool G913』です。

先ほど、打鍵音の静かなゲーミングキーボードとしてもピックアップしましたが、ワイヤレス性能もダントツなので紹介するしかありませんでした。

無線&明るさMAXの状態で最大約30時間ほどの連続使用ができるだけでなく、有線の状態で充電しながら使うことができるという万能さ。

ロジクール独自の技術「LIGHT SPEED」が搭載されていて、有線よりも通信が速く安定している高性能のゲーミングキーボードです。

表に戻る

薄型のゲーミングキーボード

▼ 薄型のおすすめゲーミングキーボード

ロジクールのゲーミングキーボード

▼ ロジクールのおすすめゲーミングキーボード

FILCOのメカニカルキーボード

▼ FILCOのおすすめメカニカルキーボード

赤軸のゲーミングキーボード

▼ 赤軸のおすすめゲーミングキーボード

青軸のゲーミングキーボード

▼ 青軸のおすすめゲーミングキーボード

銀軸のゲーミングキーボード

▼ 銀軸のおすすめゲーミングキーボード

茶軸のゲーミングキーボード

▼ 茶軸のおすすめゲーミングキーボード

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードを選ぶうえで重要なことがたくさ~んありますが、今回はギュッッと圧縮して6つにまとめました。(多い)

おすすめするゲーミングキーボードの選び方

「カッコイイ」「ライトが綺麗に光る」なども重要ではありますが、簡単にまとめてみると上記のような感じ。

どれも大事なポイントなので、1つずつ順番に解説していきますね。

キースイッチを確認する

キースイッチのアイキャッチ

キースイッチをタイプ別にザックリと分けると3種類あります。

  • メンブレン(PC購入時に付属)
  • パンタグラフ(ノートPC)
  • メカニカル(ゲーミング)

今回ピックアップしたキーボードはメンブレン・メカニカルスイッチのみなので、その2種類の説明を軽くしておきたいと思います。

まずは『メンブレン』スイッチ

メンブレンスイッチはこれです

安価でよく出回っているスイッチですが、ゲーミングとして作られている物は複数キーの同時押し・バックライトにもしっかりと対応されています。

ペコペコとした押し心地で正直安っぽい。
大体どれも同じような押し心地だね!


そして『メカニカル』スイッチ

赤軸のボタン
ピンク軸のボタン
茶軸のボタン
銀軸のボタン
黒軸のボタン
青軸のボタン

上記の画像では簡単に「滑らかさ」「カチカチ」などで度数を表現しましたが、さらに3つのスイッチタイプに分類されているんです。

  • クリッキー:しっかりカチカチ(青軸)
  • タクタイル:少しカチカチ(茶軸)
  • リニア:クリック感がなく滑らか(赤軸・銀軸・ピンク軸・黒軸)

ここまでのスイッチの違いを理解しておくと、キーボードがとても選びやすくなります。

好みの特徴・価格帯で判断すべき!(僕は完全にリニア派)

キーの反応速度を確認する

反応速度の画像

メンブレンスイッチだとそこまで差はありませんが、メカニカルキーボードにおいてはかなり影響のある要素です。

キーを押し込んだ時に入力が反映されるポイントがありまして、その箇所を作動点(アクチュエーションポイント)といいます。

上記の画像で説明すると、動く赤い部分に触れあっている三角形のパーツで制御されています。

こういった構造のおかげでキーを底まで押し込まなくてもキーが入力されたり、反応速度を調整することができるんですよね。

キーの1つ1つにこんな手間がかかってるからスゴイよね。


基本的にそのアクチュエーションポイントは「2.0mm」のスイッチが出回っていると思いますが、ゲーマーのために様々な工夫が施されているモノだと「1.8mm」や「1.9mm」などの軸もあります。

SteelSeriesの『APEX PRO』だと最大で「0.4mm」~「3.6mm」(自由に調整可能なスイッチなんて物もありますが、かなり人気&高価になってきます。

OmniPointスイッチ

スピード性のないゲームで反応速度が良すぎたり、特に使わない機能に高い金額を支払ってしまうと逆効果なので、自分の使用目的に合わせることをおすすめします!

押し心地の好みは?

押し心地の画像

押し心地に大きくかかわる要素で『押下圧』というものがあります。

各スイッチごとに「45g」「50g」などの数値が決められていて、単純にその数値分の圧力を与えればキーが入力されるというものです。

押している指にかかる圧力も45gってことだね。


少しだけ例をお見せしますが、「押下圧45g」のキーボードに40gの錘を乗せてもキーが反応しません。

FILCOピンク軸におもり40g


そして5g追加して、45gになった瞬間に作動点に達したので入力が反映されました。

FILCOピンク軸におもり45g

実際はスイッチごとに軽さ・重さが違ったり、じ押下圧でも滑らかさや、指に感じる疲れが全く違う物もあります

そういった部分はもうレビュー記事を見て判断するのがおすすめ!

同時押し性能をどこまで求めるか

同時押しの画像

「ゲーミング」ではないキーボードだと、同時押しが3キー以上できないなんて言われています。

そんな状態だとゲームなんてまともにできませんので、以下の工夫がゲーミングキーボードには施されているんです。

  • ロールオーバー 複数キーを押した時に、その入力を確実に認識することができる数。(例:8キーロールオーバーなら8個まで同時押しが可能)
  • Nキーロールオーバー キーボード上 全てのキーを同時押しすることができる状態。(全キーロールオーバーと同じ)
  • アンチゴースト 複数キーを同時に連打した時に、その入力を正しく認識することができる機能。

ザックリとまとめましたが、上記の単語を軽くだけでも覚えておくとキーボード選びが楽になります。

他にもPS/2コネクタ(ピーエスツーコネクタ)という物をUSBに装着してからPCに挿し込むことによって、全てのキーを同時押しすることが可能になったりもしますね。

Majestouch StingrayのPS/2変換プラグ


キーボードを使うゲームがやりたいのなら、同時押しの対策は重要になってきます。

ゲームによっては「有利」とかじゃなく「必須」ってレベル!

結論、気になるキーボードがあったらロールオーバーの数をきちんと確認して、自分のやるゲームに合わせて足りるかどうか判断すれば間違いないです。

(※FPSの場合6キーもあれば安心で、音ゲーをやりこむなら8キー。といったような選び方)

ぜひ、ロールオーバーのことも気にかけてみてくださいね!

メディアコントロールボタンを使うか

メディアコントロールの画像

ゲーミングキーボードには『メディアコントロールボタン』または『Fnキー』といった機能が備わっている物があります。

他の記事でも紹介していますので、便利な機能をピックアップすると・・

  • メディアの「一時停止・再生」ボタン。
  • メディアの「音量調整」ボタン。
  • ゲームモードボタン。

上記の3種類になります。

キーボードによりますが、大体の全機能をまとめてみましたので気になる方は下のボタンを押してみてくださいね。


便利機能の合わせ技をするとマウスを触らずとも、
YouTubeのプレイリストで曲を再生 → 飽きたら次の曲へ進む → 動画ごとに音量が違うので音量ボタンで調節」といったことをゲーム中に調整できるので便利です。


ちなみにコンパクトなテンキーレスキーボードでもメディアコントロールがない代わりに「Fnキー」が搭載されている物があり・・

Fnキーを強調


キーを2つ押す手間はかかってしまいますが、メディアコントロールと同様の機能を使うことができます。

FnキーとFキーを同時押し

慣れてしまえば親指でFnキー・中指で各機能のキーといったように1ボタン押す感覚で使うことができるので、かなり便利です。

メーカーやキーボードによって見た目や配置が少し違うので、Fnキーについて詳しく知りたい方は以下の記事でも解説をしているので是非ご覧ください!

テンキーが必要かどうか

キーボードのサイズ比較

テンキーはマウスを大きく動かすゲームの場合ジャマでしかない要素なので、普段の作業で使う予定がない場合はテンキーレスサイズを選ぶのがおすすめです(必要なら別売りのテンキーを購入すればいい)

下の画像は60%と100%の極端な例ですが…ここまでデスクの広さに関係したり、好きなマウスパッドを選んだりできますよね。

60%キーボード

60% キーボード

100%キーボード

100% キーボード

プレイするゲームやデスク周りも考慮して、キーボードのサイズから考えるのも大事な要素です!

ゲーミングキーボードのおすすめ:まとめ

記事最後のまとめ画像

  • 全てしっかり使用したうえでのおすすめ。
  • 色々な特徴を知ってから選ぶと失敗しづらい。
  • 人気商品 × 厳選 = 間違いない。

いかがでしょうか!

色々なキーボードが発売され続けていて、もちろんその全てと比較できているわけではありませんが、新しいキーボードが必ず優れているなんてことはないと思います。(1万円以上のハズレ新作も結構買ってしまった)

良い物が急に悪くなることもないし、むしろ気に入ったキーボードはリピートしたいくらいw

ということで現在人気のあるキーボードを中心に買い漁ってみて、これはおすすめしたい!と感じたモノを紹介してみました。

この記事がキーボード選びの参考になれば嬉しいです。

おすすめのゲーミングキーボード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしていただけると泣いて喜びます

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁っているので、見てくださった方の参考になれるように頑張って記事を書きます!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる