Amazonで1000円貰えるイベント中!

【厳選】コスパ最強のゲーミングキーボード4選!2千円台でもバッチリ使える。

安いゲーミングキーボードアイキャッチ

今回は「安いキーボードを選ぶ際の注意」&「厳選したコスパ最強のゲーミングキーボード4選」を紹介していきます!


ゲーミングキーボードといっても、今は機能が豊富・派手に光るモノでもかなり安く手に入れることが可能です。

しかしその分、使い心地が悪かったり不良品が届くことが多いのも現実。


なので今回は、Amazonの「ゲーミングキーボード」カテゴリーにあった安めのモノを実際に買い漁って、しっかり使える個人的なおすすめを決めました。

本当に安いのにバッチリ使えるから驚き!


ということで記事の内容をまとめると・・

このような内容になりました。

高いキーボードより、コスパを優先したい!」そんな方にぜひ見ていただきたいです!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

安いゲーミングキーボードを選ぶ時の注意


それでは選ぶ時の注意・確認した方がいいポイントを紹介します。

こちらの2点です。

上から順番に解説していきますね!

そもそも「ゲーミングキーボードって何?」という方はコチラの記事もぜひご覧ください。

 

まずはキースイッチを確認する

まずはキーボードの核と言っても過言ではない、キースイッチ」を確認しましょう!

ざっくりとまとめるとタイプは2種類あります。

  • メカニカル:それぞれが独立していると呼ばれるもので、押し心地・重さなどを調節できる。
  • メンブレン:一体型になっていて、細かい押し心地の調整はできないので安価。

【関連】軸ってなに? 主な6種類の違いを解説。


基本的にキーボードを探していて「ゲーミングキーボードなのに2000円台!?」というモノを見かけたことがあるかもしれませんが、

ほとんどが安価な「メンブレンスイッチ」になっていると思います。

MINILA-Rのキースイッチ

メカニカルスイッチ

HOKONUI キーボードのメンブレンスイッチ

メンブレンスイッチ

メカニカルは1つずつ独立したスイッチが付けられているので、どうしても高くなったり安価な偽物が使われたりしてしまいがちです。

実はこの記事で紹介してるキーボードも、4つの内3つはメンブレンだよ。


いくら綺麗に光っていてもライトの色と軸の色は関係ないので、〇軸など気になる押し心地がある場合は必ず「商品ページのスイッチ表記」を必ずチェックしましょう。

 

キー配列も確認する

次にキー配列」を確認することも大事です!

様々な配列が存在しますが、よくゲーミングキーボードに使用されている配列をザックリと分類すると・・

  • 日本語配列:エンターキーが縦に大きい。
  • 英語配列 :エンター・バックスペースキーが横に細長い。

この2種類のキーボードに分けられます。

Razer BlackWidow Liteの外観

日本語配列

英語配列

普段から特にこだわりなくキーボードを使っている人なら、おそらく慣れている配列は「日本語配列」かと思います。

正直、ぼくはゲーム以外で英語配列を使えませんw


普段の文字入力などに使うことも考えるとキーボードの右側が少し変わった配列だと慣れが必要になってしまう場合があるので注意してくださいね。

「慣れれば何でも問題ない」「ゲームに使うから関係ない」という考え方も、もちろん良いと思います!


▲ 目次に戻る

コスパ最強のゲーミングキーボード4選


「コスパ最強!」と思ったゲーミングキーボード4種類をピックアップしました。

それでは、上から順番に紹介していきます!

紹介しているキーボードは全て個別のレビュー記事があるので、「詳しく知りたい」と思った方はぜひ別記事もご覧ください。

 

(2000円台)NPET『K10』

NPETの『K10』です。

NPETのアイキャッチ

NPETのアイキャッチ 【NPET K10 レビュー】安くても機能バッチリ!綺麗に光るゲーミングキーボード。


機能が豊富なフルサイズの「メンブレン」キーボード。

2000円台でも綺麗なLEDバックライトに、防水性能がしっかりしているところが特徴です。

NPET K10に水をかける

わざとかけるのはよくないけど、飲み物をこぼしちゃっても大丈夫!

この安さで2年間の保証付きというのも驚きです。

メンブレンキースイッチは他のメンブレンより少し硬めで、むしろ押しやすく感じました。

HOKONUI キーボードの使用感

「その分、打鍵音が少し大きくなったかな?」と思いましたが、メンブレンは元々がうるさくない構造なのでどちらにしても静かになっています。

26キーロールオーバー(同時押し時に26キーまで認識)なのでゲームもバッチリのコスパ最強ゲーミングキーボードです!

【参考】NPET『K10』をレビュー

 

(2000円台)『HOKONUI』

HOKONUI』のゲーミングキーボードです。

HOKONUIアイキャッチ

HOKONUIアイキャッチ 【HOKONUI ゲーミングキーボード】6種類の光り方&多数の便利機能がスゴイ!


黒と白を基調にしたボディで、LEDライトを起動しなくても少し可愛さのあるメンブレンキーボード。

キーボード側の機能を使うだけで6種類ものライティングや、便利機能が整っているのが特徴です。

HOKONUI キーボードの光り方

これ、キーボードのふちも光るからめちゃくちゃ綺麗!

ライトを光らせないで使うのも、また違ったキーボードみたいな色合いになるので面白いです。

HOKONU キーボードの側面(ライトOFF)

HOKONU キーボードの側面(ライトON)

低価格帯なのに中途半端にゲーミング感を出そうとして失敗するより、このキーボードのように安っぽさが長所になるような可愛げのあるデザインにするのが正解だな~と感じます。

キーキャップ自体に安っぽさはありますが、押し心地はメンブレンの中では押しやすい部類に入ると思うコスパ最強ゲーミングキーボードです!

【参考】『HOKONUI』ゲーミングキーボードをレビュー

 

(4000円台)『e元素』

e元素』のゲーミングキーボードです。

e元素アイキャッチ

e元素アイキャッチ 【e元素 赤軸 レビュー】低価格でもハイクオリティなゲーミングキーボード!


4000円台でもしっかりと「メカニカル」スイッチが採用されていることで話題にもなっている英語配列のキーボード。

カラフルなLEDバックライトに、複数の本体カラー・キースイッチから選ぶことができるのが特徴です。

e元素の赤軸

僕は赤軸を選んだけど、静か・滑らかでかなり使いやすい!

よく使用されている赤軸は「Cherry MX」のスイッチですが、e元素に使われている「OUTEM」の軸もコトコトとかなり良い感触

そしてキーボードの右側にキー列が増えているのが正直使いづらいな~とは思ってしまいますが、多彩なライトの切り替えなど便利機能にも使えます。

e元素のバックライト

黒も選ぶことができますが、白を基調にしたボディとド派手なライトがとても綺麗。

テンキーレスでコンパクトなので他のモノと比べてデスクが広く使える点も、ゲームと相性の良いキーボードです!

【参考】e元素のゲーミングキーボードをレビュー

 

(6000円台)Logicool『G213』

Logicoolの『G213』です。

Logicool G213アイキャッチ

Logicool G213アイキャッチ 【ロジクール G213 レビュー】軸なし・多機能で使いやすいゲーミングキーボード!


メディアコントロールボタンが搭載されているメンブレンのキーボード。

手首の疲れを軽減してくれるパームレストがキーボード本体に組み込まれているのが特徴です。

G213のパームレスト

本体とパームレスト部分は実は違った触り心地になっていて、少し手の滑りを防止するような表面になっています。

取り外しができないから、サイズが大きめなのには注意!


G213のメンブレンスイッチはペコペコと軽めで押しやすく、打鍵音がとても静かです。

公式の商品ページには「G213は通常のメンブレンキーボードより⾼速4倍のキー⼊⼒を実現」と記載されているのも分かる反応の良さ。

便利機能や防水性能。10キーロールオーバー(同時押し時に10キーまで認識)というスペックでゲームもバッチリなキーボードです!

【参考】Logicool『G213』をレビュー

▲ 目次に戻る

 

コスパ最強のゲーミングキーボード:まとめ

記事ラスト_まとめ画像

この記事のまとめ!
  • 安くてもバッチリ使えます。
  • キー配列はしっかりチェック。
  • 安いキーボードほどメンブレンが多い。

いかがでしょうか!

低価格帯でも機能がしっかりしていて、ゲームでもバッチリ使えるという素晴らしさ。

気になるPS4の直挿しも問題ナシ!

安いゲーミングキーボードを選ぶ際の注意すべきポイントと、コスパ最強のゲーミングキーボード4選の紹介でした。


▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。