Amazonで1000円貰えるイベント中!

【e元素 赤軸 レビュー】低価格でもハイクオリティなゲーミングキーボード!

e元素アイキャッチ

評価
(4.0)


今回は『e元素』のゲーミングキーボード(赤軸 – ホワイト)をレビューしていきます!

“メカニカル”スイッチを採用しているにも関わらず、低価格ということでちらほら話題になっているe元素。

e元素_amazon

よく出回っているモノの半額レベルなので、少し半信半疑で性能を確かめるために購入してみました。

結論をまとめると・・

  • 安いのにしっかり使える。
  • 特殊なキー配列で慣れが必要。
  • 滑らか&静かな赤軸が使いやすい。

こんな感じの評価でした。

正直見た目が安っぽい以外は、高価なキーボードと勝負できているのでは?と思ってしまうほどのクオリティ。

しかも高いキーボードを我慢すれば、e元素のキーボードが2つ買えちゃうw

そんなゲーミングキーボードの良い部分・気になる部分も正直にレビューしましたので、ぜひご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

e元素ゲーミングキーボード:開封・付属品

e元素のパッケージ


シンプルなパッケージ。開封するとプチプチにキーボード本体と、付属物が包まれていました。

e元素のパッケージ開封

e元素の付属物

キーキャップを外す道具と、キースイッチを根っこから外す道具、スペアのキースイッチが5つも入っています。

低価格帯なのにオマケまで充実してる!

e元素の付属物を並べる

e元素の外した赤軸

軸のパーツが折れている物もありましたが、指でググっと直せるので問題ナシ(?)

外観・サイズ

e元素の外観


性能をまとめるとこんな感じ。

e元素 ゲーミングキーボード
型番Z88
サイズ横31cm x 縦12.3cm x 高さ3.7cm
ケーブル1.8m
重量748g
キースイッチOUTEM(赤軸)


テンキーレスキーボードの機能をさらにまとめた横幅が特徴的で、他のキーボードと比べてみても約4.8cm(キー2個分以上)差があります

e元素とHyperXを比較

(実物で見ると差が大きいですよ)

本来右上にあるHOME・ENDキーが、十字キーの上にビッチリと入り込んでいることによって省スペースと多機能を両立させていて素晴らしい!

e元素の右側部分


裏面は白くシンプルでかわいいデザイン。

e元素の裏面


コード部分は左右と中央からコードを出すことができる
ので、どちらにPC本体を設置していてもコードを伸ばしやすいです。

e元素のコード分岐部分


コードは着脱可能なので片付けも楽ちんです。端子はType-Cなので他のコードに付け替えることも可能。

e元素の着脱可能なコード


1段階ですが、スタンドもバッチリ付いているので必要なモノは大体揃っていますね。

e元素の裏面スタンド

キーの機能を含めて裏面の構造・滑り止めもバッチリで低価格キーボードとは思えないw

▲ 目次に戻る

e元素ゲーミングキーボード:気になる部分


安めの中華製キーボードということで、気になる点はたくさんあって当然(?)かと思いますのでまとめてみました。

まずは一番気になっていた「キーの配置・キーキャップの印字」です。

e元素のキー印字

e元素のキー印字』

他キーボードのキー印字

他キーボードのキー印字』

「気になる」という言葉で済ませていいのか分かりませんが、キーボード右側に配置されているキーキャップの印字が間違っている&ズレています

上記の画像2枚を参考にしていただきたいのですが、実はキー配置自体は他のキーボードと同じなので、キーを見なければ普段通りに入力することができます。

アマゾンレビューで「入力がずれる」とあったけど、実際は「キーキャップ印字が間違っている」かな?

^キー、@キーなどもキートップには印字されていませんが、本来のキーボードの配置(右側画像)を押すことで入力されます。


・・しかし、そうなるとEnterキーが長い分、普通のキーボードだとあるはずのかぎかっこ右側( 」)がないんですよね

キー印字がずれてるe元素

これはズレているというレベルではなく「右のかぎかっこが入力できない」です。

ぼくはブログで辛いですが、他でもセリフなどを打ち込む方にとっても致命傷かなと。。

右側はゲームだと使わないからOK・・って考え方もできるっちゃできる。


そして外観の話に移りますが、少しねじ部分が見えすぎかなぁと。

e元素のねじ部分(左上)

e元素のねじ部分(右下)

ネジが見えないのは当たり前のように感じますけど、良いキーボードはネジを見えづらい位置に付けていたり工夫されているんですよね。。

コードが「掃除機かな?」と思わせるほどのねずみ色で、ダサさが気になりました。

e元素の掃除機みたいなコード

これは着脱可能なので、どうしてもという場合はType-Cの他のケーブルを使用することで解決できますね。

あとはキーボードの横幅がせっかくコンパクトなのに対し、スペースキーが約11.5cmとかなり大きめ。

e元素の長いスペースキー

大体マウス一個分でした。その代償にスペースキー左右の「変換」「無変換」キーもありませんので、普段から使用している方は少し注意です。

大体のスペースキーは約8cmくらいだよね。大きい方が使いやすい人もいるとは思うけど。

単純にキー配置が特殊な点にも気を付けてください。右側にCtrlキーもないです。

e元素のキー右側

一番右に列が追加されていることによって、キーの位置感覚が少しズレてしまうので慣れるまではタイプミスがありがち。

安いからといって、普段から日本語配列キーボードに慣れきっている人がいきなり使おうとすると苦労するかもしれませんね。


▲ 目次に戻る

e元素ゲーミングキーボード:使用感

e元素の使用感


一般的に採用されているCherry MXのモノではなく、『OUTEM』のキースイッチが使われています。

これがかなり良い!

e元素の赤軸

  • キースイッチ:OUTEM(赤軸)
  • アクチュエーションポイント:2.0mm
  • 押下圧:45g
  • 耐久性:5000万回

クリック感がなく滑らかな押し心地で、Cherry MX 赤軸より「底を叩いてるな~」感が抑えられているのがGood!

少しバネ音がカーンと響きますが、軽めのコトコトといった感触が気持ちいいです。

e元素の押し心地


横長のスペースキーなどを叩いても嫌なカシャカシャ音がなく、Lubeかは分かりませんがツヤツヤなので手が加えられていることが分かります。

e元素のLube加工?

商品ページにも特に記載がなく、高価なキーボードでもあまり見られない加工なので驚きました。。

コンパクトなサイズですが FNキーの機能もバッチリで、ゲーム中にもマウスを使わずにメディアの操作ができます。

FNキーの説明書

FNキーの説明書2


バックライトもPCを使わずに好きなモーションを設定することができるのが便利&楽しいです!

e元素のバックライト

これ、ド派手なライトがマジでキレイ。

アマゾンレビューで「コイル鳴きに注意!」のようなレビューがありましたが、最高の明るさ・速度で全パターン試して 特に問題はありませんでした(耳は正常です)

レビューを全体的に見ると、個体の当たりハズレは激しめかもと思いますね。。。

気になる部分」にまとめた通り、思うことは色々ありましたが・・トータルでは低価格帯のゲーミングキーボードということを忘れてしまいそうなほどのクオリティだと感じました。


▲ 目次に戻る

e元素ゲーミングキーボード:まとめ

記事最後のまとめ画像

この記事のまとめ!
  • ライト&多機能でゲームとの相性も良い。
  • コンパクトなサイズなのでデスクのスペースが広がる。
  • キー配置が少し独特で慣れる必要がある。
  • 赤軸の滑らかさ・静かさが良い。

いかがでしょうか!

値段の割にしっかりしてるなぁ~というのが率直な感想です。

この価格帯でもゲーミングキーボードに求めている要素がたくさん詰まっているので、このキー配列でも問題ないって方には良いと思いますね。

多数の便利機能があるからゲームもバッチリ!

e元素』ゲーミングキーボードのレビューでした。

▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 安いゲーミングキーボードアイキャッチ 【厳選】コスパ最強のゲーミングキーボード4選!2千円台でもバッチリ使える。 赤軸アイキャッチ 【厳選】赤軸ゲーミングキーボードのおすすめ5選!スイッチ別に紹介します。 赤軸うるさい? 赤軸ってうるさいの?ゲーミングキーボード4種で解説します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。