Amazonで1000円貰えるイベント中!

【厳選】茶軸のゲーミングキーボード3選!絶妙な打鍵感が気持ち良い。

茶軸アイキャッチ

この記事では、「メカニカルスイッチ茶軸の特徴」&「厳選した茶軸のゲーミングキーボード3選」を紹介します。

キーボードのスイッチは色々な押し心地がありますが…その中でも若干のクリック感があり、コリッとするような押し心地の「茶軸」

メカニカルスイッチの中間的なポジション!

ということで記事の内容をまとめると・・

上記の2点になっています。

3選の紹介では少し変わった茶軸・安くて使いやすい茶軸のゲーミングキーボードをピックアップしているので、ぜひご覧ください!

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

ゲーミングキーボード:茶軸の特徴


まず「メカニカルスイッチ」にはどんな種類があるのかというと・・

  • タクタイル(少しクリック感があり、少し滑らか)
  • クリッキー(クリック感がしっかりとある)
  • リニア(クリック感がなく滑らか)

本当にザックリ分類すると、上記の3タイプに分けられます。

動く茶軸

タクタイルタイプ

動く赤軸

リニアタイプ

【関連】メカニカルキーボードの軸とは?

茶軸はタクタイルタイプです。上記の画像のようにリニアは常に滑らかにスイッチが移動していますが、タクタイルは若干の引っ掛かりがあるように見えるかと思います。

その引っ掛かりこそがコリッとしたクリック感を指に伝えて、茶軸感を生み出す構造になっているんです。

絶妙なクリック感! 押した瞬間に「キーがブルッと震える」とも感じる。


茶軸感といっても軽め・重めなど色々な押し心地があって奥が深いので、


▲ 目次に戻る

茶軸のゲーミングキーボード3選


色々なキースイッチを使用してきて、「これいいな!」と感じた茶軸のゲーミングキーボードをピックアップしました。

こちらの3選を上から順に紹介していきます!

※すみません… 実は3選目は茶軸ではなく『オレンジ軸』というキースイッチなのですが、茶軸と同じタクタイルタイプでおすすめしたいと思ったので入れてみました。

Logicool G PRO X(GX 茶軸)

Logicool Gの『PRO X(茶軸)』です。

G PRO Xの正面

G PRO X(茶軸)アイキャッチ 【GX BROWN(タクタイル)】メジャーな茶軸と徹底比較!【レビュー】

独自のキースイッチGX Brown(茶軸)が使用されているコンパクトなゲーミングキーボード。

LEDバックライトがしっかりと光りつつ、キースイッチ引き抜いて別売りの軸と交換できるのが特徴です。

G PRO X 茶軸

デフォルトの『G PRO X』というゲーミングキーボードに加えGX赤軸GX茶軸が別売りされているという謎システムなので、最初からGX茶軸が使用されているモノを購入することをできないのが欠点ですが・・

キースイッチを交換すると独特で面白い茶軸が完成します。

打鍵音の静かさや反応速度・耐久性が良くなったけど、少し重くなって茶軸感は弱まったような押し心地。

少しバネの音が響きがちだね。


勝手に軽めの茶軸を期待していて酷評なレビューをしていたのですが・・

他のキースイッチと比較をしないで「独自のキースイッチ」と捉えるとゲーマー向けの面白いスイッチだと感じたゲーミングキーボードです。

【関連】Logicool G PRO X(GX 茶軸)のレビュー

 

エレコム ゲーミングキーボード

エレコム』のゲーミングキーボードです。

エレコム ゲーミングキーボード

大手メーカーELECOMから販売されているゲーミングキーボード。

お手頃な価格にも関わらず、メカニカルスイッチの採用・全キーの同時押しなどが可能でゲームにもバッチリなのが特徴です。

ちょっと意外だけどエレコムはゲーミングデバイスも出してるんだよね!


安っぽくないしっかりとした押し心地の茶軸に、指の滑り止めにもなるゲーミングキャップが付属しているのもGood!

エレコム ゲーミングキーボードの茶軸

5000万回の耐久に、保証期間が6か月という部分は少し不安に感じるかもしれませんが、この価格帯にしては十分です。

LEDバックライトは赤茶色のみにしか光りませんが、様々な設定をすることが可能になっています。

エレコム ゲーミングキーボードのバックライト

備わっている機能・テンキーレスというサイズ感も含めて「とりあえず茶軸を使ってみたい」という人にはピッタリだと思うゲーミングキーボードです!

 

Razer BlackWidow Lite

Razerの『BlackWidow Lite』です。

Razer BlackWidow Lite

Razer BlackWidow Lite アイキャッチ 【Razer BlackWidow Lite レビュー】高級感が素晴らしい!オレンジ軸のゲーミングキーボード。

本体カラーはブラックの物もありますが、LEDバックライトは白色のみで高級感のあるゲーミングキーボード。

計重量・コンパクトなテンキーレスサイズに、Razer独自のキースイッチ「オレンジ軸」が使用されているのが特徴です。

茶軸じゃないけど、同じタクタイルタイプだから押し心地が近い!

オレンジ軸の押し心地

キーの押下時、指にかかる圧力が45gになっていますが、他キースイッチと比較すると同じ圧でも重く感じました

ですがタクタイルの序盤にある若干のクリック地帯を超えた瞬間に入力されるので、反応が早くゲームでもバッチリ。


本体はフローティングデザインといって、平らなキーボード本体に対してキースイッチが飛び出たような構造になっているのでLEDライトがとても綺麗に反射します。

Razer BlackWidow Liteの光り方

良くも悪くもUSBを挿し込み時に自動インストールされる専用ソフトウェアを使うことで、色までは変えられませんが光り方やマクロなども設定することができます。

サイズ・デザインやキースイッチも含め、ゲーマーにピッタリのゲーミングキーボードです!

【関連】Razer『BlackWidow Lite』のレビュー

 

茶軸のゲーミングキーボードまとめ

記事ラスト_まとめ画像

この記事のまとめ!
  • 「コリッ」「ブルッ」とするような押し心地の茶軸。
  • メカニカルスイッチの中間的なポジション。
  • 押し始めに引っ掛かりがあるが、反応速度は普通に良い。

いかがでしょうか!

「青軸カチカチしたくはないけど、赤軸のように何もクリック感がないのも嫌だ」という方向けの中間的なキースイッチ。

絶妙な押し心地が気持ちいい!

「メカニカルスイッチ茶軸の特徴」&「厳選した茶軸のゲーミングキーボード3選」の紹介でした。

▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 赤軸・茶軸アイキャッチ 【解説】茶軸と赤軸どっち?判断方法&打鍵音をまとめました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。