【Razer Huntsman Mini レビュー】赤軸でダントツの静かさ。優れた反応速度とキーキャップの相性が抜群!

Razer Huntsman Mini Mercury White レビュー

今回は『Razer Huntsman Mini Mercury Whiteレイザー ハンツマン ミニ マーキュリー ホワイト』をレビューしていきます。

こんなかっこいいロボの頭みてぇな形状のメカニカルスイッチを出されたら買うしかないじゃん……ということで購入したら大当たりでした。ラッキ~。

Razer Huntsman Miniのレイザーメカニカルスイッチ

使ってみるとフル装備の見た目とは裏腹にめちゃくちゃ静かで、左右の針金みたいなパーツが滑らかさを保ちつつバウンド感を強くしてくれるのに驚き。

ゲーマーはもちろん、ライトOFFでも美しいので職場でも使える、いや周りのためにも使って欲しいくらい静かでした。

もちろん気になった部分もあるから、しっかりチェックしていくぞ。

様々なゲーミングキーボードと比較しながらレビューしたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

タップできるもくじ
マサヤ
ガジェビームの運営者
100種類以上のゲーミングデバイス・ガジェットを使い替えながら、Steamのゲームを毎日遊んでます。

Razer Huntsman Mini Mercury White

スクロールできます
正式名称Razer Huntsman Mini Mercury Whiteレイザー ハンツマン ミニ マーキュリー ホワイトLinear Optical Switchリニア オプティカル スイッチ
サイズ縦10.33 x 横29.33 x 高さ3.68 cm
キー数61個(60%レイアウト)
重量460g
バックライト1,680万色(Chroma バックライト)
ケーブルType-C(長さ1.8m 着脱可)
ソフトウェアRazer Synapse 3

「Razer Huntsman Mini」はRazer オプティカルスイッチが採用されていて、軸の種類はリニア(滑らかな赤軸系)、クリッキー(カチカチする青軸系)、アナログ(重い黒軸系)の3種類。

カラーは黒と白から、キー配列もそれぞれ英語配列と日本語配列の両方から選べます。(アナログスイッチの場合は本体ブラック / 英語配列のみ)

今回レビューするのは「リニア / 英語配列」の組み合わせ。

ちなみに「60%サイズがちょっとなぁ…」という場合は『Razer Huntsman V2 Tenkeyless』などのキーボードでも同じスイッチが使えますよ。

外観:コンパクトな60%サイズ

パッケージはこんな感じ。

内容がリニア(赤軸)なので右下には赤いマークがあります。クリッキーだとこれが紫色になってますね。

そして本体はこちら。60%サイズのコンパクトなキーボードです。

ホワイト / 英語配列

キーキャップは「ダブルショット PBT」なので印字が剥がれず、少しザラザラとした上質なデザイン。

よくあるABSキーキャップより良い素材

ちなみに横長のキャップを外すと埋め込まれてるパーツも一緒に付いてきます。少し焦りますがこのパーツごと元に戻せば大丈夫。

Razerオプティカルスイッチ リニア

横から見ると段ごとにキーキャップの角度や高さが違うことが分かりますね。

チルトスタンド なし

チルトスタンドで角度を6度、9度に調整できます。

スタンド 6度
スタンド 9度

裏面は側面と同じサラサラ・ザラザラした材質で「FOR GAMERS.BY GAMERS(ゲーマーの為にゲーマーが作る)」というRazerのスローガンも刻まれていました。

光を反射させると見えるスローガン

USBの挿し込み口は(使用時の目線で)左側に寄っているので注意。

そして重さは468.2g。コンパクトなサイズも合わさり片手で軽々と持ち運びができます。

公式の表記とは8g差

付属品は説明書とUSB Type-Cケーブル。

USBの内部もRazerカラー

着脱できる1.8mのケーブルは何にでも使いやすいですが、別のデバイスに使い回す場合は頭が少し大きいので注意してください。

説明書は丁寧ですが、日本語で記載されているのは画像に写っている部分くらいです。

次のページに数行だけ続いて日本語は終了

「Fnキー」などのややこしい機能は後の項目(バックライトはキーボードだけで調整可能)でまとめているのでぜひぜひ。

Razerオプティカルスイッチの詳細

Razerオプティカルスイッチの押下圧などはこちら。(第2世代なので数値は調整後)

軸の種類クリッキー
クリッキーオプティカルスイッチ
リニア
リニアオプティカルスイッチ
作動点さどうてん1.5mm1.2mm
押下圧おうかあつ45g48g
耐久性1億回1億回

表の数値は「48gの重さで1.2mm押し込むとキーが反応する」という見方になっています。

『紫軸』は少し軽くなった青軸のような打鍵感で、カチカチという音が響くので周りの人に迷惑がかからない環境なら爽快に使えるスイッチ。

『赤軸』は静音性が高く滑らかなスイッチで、1.2mm押しただけで入力される高反応を48gという少し強めの圧でカバーしています。これが45gなら銀軸のように誤入力が連発するので絶妙な調整になっていたり。

Razer オプティカルスイッチ
これはクリッキー 紫軸(※Razer参照

「クリッキーとリニアはどっちがいい?」と聞かれるなら万能タイプのリニアをおすすめします。様々な赤軸を使っていますが、これは静音性と打鍵感の心地よさが個人的にはトップクラス

実際に使っている
Majestouch StingrayとコルセアK70LUXを比較
様々な赤軸たち

RAZERオプティカルスイッチは金属接点ではなく「光学式」になっているので入力が速く、耐久性も1億回という従来ではありえない数値になっています。平均のほぼ2倍!

最初はこのサイズ感で1万円以上という価格に驚きましたが、高性能なスイッチが61個並んでいて寿命も約2倍!と考えると許せるかもしれませんね。(何様?)

バックライトはキーボードだけで調整可能

Razerの専用ソフトウェア「Razer Synapse 3」を使うことで様々なカスタマイズができますが、バックライトはキーボードの機能だけでも設定可能です。

キーボード右下にあるFnエフエヌキーを押しながら、対応しているキーを押すことで様々な機能が使えます。(『Razer Huntsman Mini』の場合はFnを押すと対応しているキーが白く光る)

ライトの切替方法はキーキャップに記載されてないので、表にまとめてみました。

入力キー機能名効果
Fn + Ctrl + 1OFFライトをオフ。
Fn + Ctrl + 2STATIC1色から変わらず常時点灯。
Fn + Ctrl + 3BREATHING1色が呼吸のように光る・消えるを繰り返す。
Fn + Ctrl + 4SPECTRUM CYCLINGキー全体がゆっくりと全色に光る。
Fn + Ctrl + 5WAVE波のように左から右へ全色に光る。
Fn + Ctrl + 6REACTIVE通常時は光らず、押されたキーが約1秒間だけ1色に光る。
Fn + Ctrl + 7STARLIGHT全キーのランダムな位置が1色で光る。
(3つのキーを同時押しする)

もちろんバックライトだけでなく、F1~12や方向キーなどの便利機能も搭載されています。

IJKL(方向キー)を片手で使いたいなら小指でFn押す

キーキャップが文字だらけで美しくないのは少し気になりますが、コンパクトでも機能面はバッチリです。

Razer Huntsman Mini:レビュー

「Razer Huntsman Mini」の使用感をレビューしていきます。

高級感のある良デザイン

いきなり使用感ではなく外観のレビュー。やっぱり無駄を省いたコンパクトなデザインが良いんですよね。(ただ便利なキーもなくなった)

部屋の明かりがMAXでも色が見やすい

シンプルな60%キーボードと言われればそうなのですが、全体的に安っぽさがなくPBTキーキャップの質感も素晴らしい。

プレートからキースイッチ全体が飛び出ている“フローティングデザイン”なので、白いボディに反射するライトも綺麗です。

発色がよくてキレイ
後ろからもライトが見やすい

カラーは黒と白から、キーも日本語配列と英語配列から選べるので、お目当ての組み合わせが見つかりやすいのも良いですね。おすすめしやすい。

シンプルに打鍵感が良い

ダブルショットPBTピービーティーキーキャップの触り心地と打鍵感がたまらないです。

「ダブルショット」は2色成型とも言われていて、内側でキーの印字 → 外側で残りのキャップ全体…という2層構造なので文字が削れない作りになっています。

定番のABSエービーエス樹脂やセラミック製のキーキャップでも使っていますが、やっぱり最後はPBTに落ち着きました。

安い量産型と高級なキャップの中間的なポジション…というか今はPBTが主流になりつつありますが、コスパと使用感のバランスがとても優秀な材質だったり。

画像だと分かりづらいですが目に見えるくらいザラッとしていて、べたつきがちな肌質でもべたべたしづらく使いやすいです。(全くべたつかないわけではない)

サラサラとザラザラの中間のような触り心地なので、滑りすぎたり痛いなんてことも当然ありません。

白で汚れやすいですが落ちやすくもあります。長年の汚れも漂白剤で落とせて、ダブルショットだから印字も消えないという素晴らしいキーキャップでした。

静音性がとても高い

Razerオプティカルスイッチのリニアは赤軸の中でダントツに静音性が高いです。押下圧が少し強いからだと思いますが弾力もあってとても静か。

Razer Huntsman Miniのオプティカルスイッチ リニア
(きついキーキャップを付け替えてたら先端が削れた)

静音赤軸(ピンク軸)ほどではない赤軸寄りの打鍵音ですがバネなどの雑音が一切なく、強く叩きつつ耳を近づけてやっと「コーン」と金属音が聞こえるくらい。

ただ気になるShiftとSpaceキーは「カシャカシャ」という音がやっぱり大きめ。どうして……。

大きくてもShiftキーと同じパーツ構成

「静音リングを付けてもっと静かにしよう!」と試しましたが、思ったより効果はなかったです。というかほぼないレベル。

“底打ち音”を和らげてくれる静音リング

静音性は簡単な施策の中では限界に近いということかもしれませんね。(個人的なルブなどを含めると評価がブレるのでパス)

次章の「気になるところ」にも繋がるのですが、キーを横に揺らすと少しぐらついてカシャカシャ鳴ってしまう部分以外は本当に優秀なスイッチでした。

Razer Huntsman Mini:気になるところ

「Razer Huntsman Mini」を使っていて、気になった部分も正直に紹介していきます。

キー全体にぐらつきを感じる

キーの上に指を乗せて上下左右に動かすとぐらつきを感じます他のキーボードでも普通にグラグラはするのですがカシャカシャという動きが大きめ。

動かしている時にスイッチの根元を見てみると、確かにガッシリ固定されている作りではありませんでした。

そしてただの補助装置かと思いきや、Razerオプティカルスイッチ独自の「針金みたいなパーツを押してる感じ」がカシャッと指に伝わるんですよね。

押し込んでから戻る勢いを増長させていたり、滑らかに動くのが気持ち良くはあるんですけど常に針金の主張を感じます。

だからといってめちゃくちゃ使いづらいなんてわけでもないので、まさに「気になる」部分でした。

慣れていないならサイズに注意

ベタですが「60%」という便利なキーを省いたサイズに慣れていないなら注意です。こちらは人気キーボードで1台目に選ばれる可能性も高いので一応。

80%の『Razer BlackWidow Lite』と並べた

F1~12キーや方向キーがないので、一部のゲームや普段使いだとめちゃくちゃ不便になります。個人的にもブログ執筆で60%キーボードは使いません。(もちろん慣れによるけど効率面で無理がある)

半角と全角を切り替えたり、F7でカタカナ変換したり、ゲームで即座にスクショを撮ったりがワンタッチでできないのは意外と辛い。

繰り返しにはなりますが「Fnキー」があるので、手間さえかければフルサイズキーボードと同等の機能が使えはするので慣れの問題です。初めての小型なら注意してください。

作動点がとても浅いので誤入力をしやすい

作動点(キーが入力されるポイント)が1.2mmという「反応速度が売りの銀軸と同じ浅さ」でありつつ、クリック感(ストップ)がないので誤入力をしやすいです。

個人的には誤入力というよりも、キーを押してから一番上まで戻しきれずに「あああああああああ」と入力されてしまうこともあったり。(考え事をしながらの入力中)

ただ軽く指を置く分には何も問題なく、ノーガードの銀軸と比べると明らかに誤入力が減ってるので「3g重くする調整スゲー」とも思ってます。

コルセアK65のキートップを外す
触れるだけで反応する銀軸さん

入力したいキーの隣に指がぶつかってしまっても、48gの圧に跳ね返されて助かった~なんてことが結構あるので。銀軸ならありえない。

もちろんゲームでは反応が速い(作動点が浅い)ほど有利なので、このスイッチとの相性は抜群。正確なタイピングができると最高のパフォーマンスで使える赤軸です。

Razer Huntsman Mini:レビューまとめ

Razer Huntsman Mini Mercury White – Linear Optical Switch
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 静音性がとても高い。
  • 打鍵感が滑らかで気持ち良い。
  • 高級感のある良デザイン。
  • RGBバックライトの発色がいい。
デメリット
  • 60%サイズに慣れてないなら注意。
  • キー全体にぐらつきを感じる。
  • 作動点が浅いので誤入力をしやすい。

最後にまとめてみましたが、普段使いに関するデメリットが多いのでゲーマーにとっては何も問題ない、どころか最適なキーボードに感じました。

Razerも「FOR GAMERS.BY GAMERS(ゲーマーの為にゲーマーが作る)」と言ってますし。

低背赤軸といい、銀軸と同じ1.2mmという作動点にしておいてロボの頭みてぇなパーツで誤入力しないように調整するなんて「あのミスりまくってた日々は何だったの?」と思ってしまいますが、これが時代の変化なんでしょうね……。(企業努力)

どんな人におすすめ?

  • とにかく静音性を求めている
  • ゲームで反応速度を求めている
  • マウスの邪魔にならないコンパクトなサイズを求めている
  • コンパクトでも機能(Fnキー)を使いこなせる
  • バックライトの種類が豊富で綺麗なデザインが好き
この記事をSNSでシェアする

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁り、気になっている情報を提供できるようにがんばります!

コメント

コメントする

タップできるもくじ