Amazonで1000円貰えるイベント中!

【厳選】ゲーミングキーボードで銀軸のおすすめ3選!反応速度が最高。

銀軸アイキャッチ

この記事では、「メカニカルスイッチ銀軸の特徴」&「厳選した銀軸のゲーミングキーボード3選」を紹介します。

キーボードのスイッチは色々なタイプがありますが…その中でもクリック感がなく滑らかな押し心地の「銀軸」

キーの反応がめちゃくちゃ早い!

ということで記事の内容をまとめると・・

上記の2点になっています。

銀軸の良い部分・悪い部分を解説した後にキーボード3選を紹介をしてますので、ぜひご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

銀軸のゲーミングキーボード:特徴の解説


まずは「メカニカルスイッチ」にどんな種類があるのかというと・・

  • リニア(クリック感がなく滑らか)
  • タクタイル(少しクリック感があり、少し滑らか)
  • クリッキー(クリック感がしっかりとある)

本当にザックリ分類すると、上記の3タイプに分けられます。

動く銀軸

リニアタイプ

動く青軸

クリッキータイプ

【関連】メカニカルキーボードの軸とは?


銀軸はリニアタイプ
なのでクリック感がなく、ストンと底まで落ちる構造になっています。

通称 Cherry MX “Speed”の名の通り、反応速度に力を入れているキースイッチです。


銀軸を使うと「タイピングが早くなる」と誤解している方がたまにいますが、当然指の動きが早くなるわけではないです

1つのキーに対して、押し込んだ時の反応が早くなるということ!


と言っても「浅めにキーを押し込むと入力される」ということは…適切な加減で使うことによって、キーを無駄に底まで叩く必要がないという意味ではタイピングを早くすることが可能。

そして「軽いタッチで反応してしまう」という捉え方もできるので、尖った性能の面白いキースイッチですね!


▲ 目次に戻る

銀軸のゲーミングキーボード:おすすめ3選


色々なキースイッチを使用してきて、「これは良い!」と感じた銀軸のゲーミングキーボードをまとめました。

こちらの3種類を上から順に紹介していきます。

キーボードの打鍵音・個別レビュー記事があるものもございますので、「詳しく知りたい」と思った方はぜひ参考にしてください!

 

Ducky One 2 Mini RGB

Duckyの『One 2 Mini RGB 60% version』です。

Ducky One 2 Mini
YouTubeのチャンネル登録者が1200万人を超えている人気プロゲーマー「Tfue」が使用していたことで話題になり、一時期は品切れで騒がれていたゲーミングキーボード。

反応がかなり速く、打鍵音が静かなCherry MX Silver(銀軸)を選ぶことができるのでゲームとの相性が最高なのが特徴です。

1.2mmキーを押し込むだけで反応して、クリック感がないから滑らか!


コンパクトなサイズでも機能はしっかりしていて、キーボードのFnキーを使用するだけでバックライトを多数のパターンに変更することもできます。

Ducky One 2 Mini RGB 60% version

ボディの側面がホワイトカラーになっていたり、付属のキーキャップ(黄色)などもあって、オシャレ&かわいいデザインになっているのもポイントですね。

ふもっふのお店というサイトで正式に購入することもできるので、気になる方はぜひ覗いてみてください!

 

Corsair K65 RAPIDFIRE

Corsairの『K65 RAPIDFIRE』です。

暗い部屋で光るコルセアK65

暗い部屋で光るコルセアK65 【コルセア K65 RAPIDFIREレビュー】銀軸が速すぎてヤバイ。


テンキーレスサイズですが、珍しくメディアコントロールボタンがあり多機能。プロゲーマーの使用率も高く人気のあるキーボードです。

キーをわずか1.2mmほど押し込むだけで入力されるCherry MX Silver(銀軸)が使用されていて、ゲームとの相性も抜群なのが特徴

コルセアK65のキートップを外す

クリック感がないのでキーがストンと下に落ちる感覚で、音も静かなので使いやすいです。

カーンとうるさくなりがちなエンターキー・スペースキーも嫌な音がせず、滑らかな押し心地なのもGood!

ただ、反応が良すぎる部分もあるから普段使いには慣れが必要だね。


作動点が2.0mmのよくあるスイッチと比べると0.8mmも浅い分、速くキーが反応するのでゲームによってはかなり重要な要素。

スイッチの性能だけでなく、LEDバックライトもめちゃくちゃ綺麗なゲーミングキーボードです!

【参考】Corsair『K65 RAPIDFIRE』のレビュー

 

HyperX Alloy FPS RGB

HyperXの『Alloy FPS RGB』です。

HyperX Alloy FPS RGB

側面にはUSB充電ポートも搭載されているフルサイズのキーボード。

わずか1.1mmほどキーを押し込むだけで入力されるKailh製の銀軸を使用しているのが特徴です。

HyperX Alloy FPS RGBの銀軸

Cherry MX Silver(作動点1.2mm)と比べると「0.1mm違うだけ?」と思うかもしれませんが、キースイッチに関してはハッキリと差が分かります。

誤入力が起きづらいのに反応も速いっていう絶妙なライン。


ゲームに特化しているのにテンキーが付いていたり、打鍵音が少しカチャカチャと響きがちな点が気になるところではありますが・・

専用ソフトウェアでのマクロ・LEDライトの設定が可能だったり、高速反応の銀軸が使用されているのでゲーマーにピッタリのキーボードです!

 

銀軸のゲーミングキーボード:まとめ

記事ラスト_まとめ画像

この記事のまとめ!
  • クリック感がなく滑らかで反応の早い銀軸。
  • 1mmちょっとキーを押し込むだけで入力される。
  • ゲームとの相性が特に最高。

いかがでしょうか!

ゲームでのスキル発動・素早い行動には欠かせないスピード特化のキースイッチ。

ゲームはもちろん、普段使いも慣れれば問題ナシ!

「メカニカルスイッチ銀軸の特徴」&「厳選した銀軸のゲーミングキーボード3選」の紹介でした。


▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。