Amazonで1000円貰えるイベント中!

【NPET K10 レビュー】安くても機能バッチリ!綺麗に光るゲーミングキーボード。

NPETのアイキャッチ

評価
(4.0)


今回はNPETのゲーミングキーボード『K10』をレビューします。

Amazonの「ゲーミングキーボード」カテゴリーでランキング上位にいるコチラのキーボード(執筆当時2020/10/04 では3位)

NPETゲーミングキーボード

シンプルにランキング上位で評価も高いのが気になったという点と、同じ(軸などのない)メンブレンスイッチでこれまたランキング1位に居座っているLogicool G213』との違いが気になったので購入してみました。

値段は約3分の1! どんな工夫でこんな安くできてるんだろw

結論をシンプルにまとめると・・

  • 便利機能が多数ある。
  • 安い分、もちろん安っぽさは感じる。
  • 防水性能はバッチリ。
  • LEDライトが結構キレイに光る。

こんな感じになりました。

所々感じた気になる部分や、使用感を正直にレビューしましたので是非ご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

NPET ゲーミングキーボード K10:開封・外観

NPET K10のパッケージ

パッケージ、普通に良い感じですね。

中身は簡易な包装がされたゲーミングキーボード本体と、なぜかキーキャップを外す道具が箱の底にカラカラと転がっていました。

NPET K10の開封後


下画像のようにカチッとはめてからキーキャップを外して使いますが、メンブレンスイッチなので出番は掃除の時くらいでしょうか。

NPET K10のキーキャップ外し


付属品はカスタマーサービスの連絡先や、説明書なども入っていました。

NPET K10の付属品

説明書には日本語でキーボード構造や、Fnキーの使い方が書いてあるので読んでおいた方が良さそうです!

(※Fnキーを押しながら、対応しているキーを押すことで使用できます。以下の記事でも詳しく説明していますので是非ご覧ください。)

関連記事:Fnキーの使い方!

▲ 目次に戻る

NPET K10 本体の外観

NPET K10の外観

こう見ると結構しっかりしてるな~という印象。

使いやすい日本語配列!

実際は触ってみるとすぐに分かりますが、軽く・安っぽく・べた付きを感じやすい質感です。

NPET K10の質感


USBを繋げてみると結構キレイに光りました。

NPET K10 ライトの明るさ(部屋が明るい)

NPET K10 ライトの明るさ(部屋が暗い)

ロゴも光るキーボードはちょっと珍しいですよね。

NPET K10のロゴマーク


ライトは広い光ではなく、キーの1部分ごとを四角く照らす感じ。

NPET K10のバックライト


コードの根元まで光っていたので、暗めの部屋で見ると細かい光がキレイに見えますね。

NPET K10のコード根元


LEDキーやFnキーを使用することでバックライトを呼吸モード(消えたり光ったりを繰り返す)や明るさの調整もキーボードだけですることができるので簡単です。

NPET K10のライト調節

光るキーボードが好きな人にとっては、この時点でお得に感じるかも!


裏面は軽めの板になっていてスタンドもしっかり両端に。

NPET K10の裏面


さすがにスタンドは一段階のみの角度で、開いてしまうと触れていた滑り止め部分がなくなるので制御が効かなくなります。

NPET K10のスタンド部分

手前にも左・中央・右に滑り止めが付いていますが、小さいのでキーボードに力を加えれば普通に動くほどのグリップです。


▲ 目次に戻る

防水性能について


Amazonの商品ページでキーボードに水をかける画像があり気になっていました。

K10に水をかける画像

添えてあった文章にもありましたが、確かに根元がぴっちりとくっ付いていて、メンブレンなので正方形の溝に正方形のパーツがすっぽり入るので水は入り込まなそうだと思いました。

NPET K10の根元


試しに水をぶっかけてみましたが、全く問題なさそうなので安心です。

NPET K10に水をかける

ちょっと注意!
2年間保証はありますが、わざと水をかけて壊した場合はサポートが受けられなくなる恐れがあるので注意してください。


その後もきちんとLEDバックライトが光ったりキー入力もできているので、飲み物をこぼしてしまった場合はすぐに水で洗い流した方が良いかもしれませんね。

もしかして洗って拭く時のために、キーキャップ外しが一緒に付いてきたのか?

これを読んでマネして壊れてしまっても責任は取れませんが、一応水をぶっかけても問題がなかったことをお知らせしました。

▲ 目次に戻る

NPET ゲーミングキーボード K10:気になる部分

NPET K10の気になる部分

やはり安めの物だと気になる部分が多くなってしまうと思うので、感じたことをまとめてご紹介します。

まず開封した直後から気になっていたコードのほつれ

NPET K10のほつれているコード

布タイプのコードなのは良いなぁと思っていたんですが、安価な物だとしっかりと加工がされないことがあるんですね。

あとはキートップを外すと、塗装にムラがありました

NPET K10の塗装ムラ

まあ見えない部分でもありますし、良く言えばLEDバックライトがキーボード本体に当たると塗装のない場所に当たった光がキレイに見えますw

そして外観でも説明しましたが、裏面スタンドに滑り止めが付いていなかったり、グリップ部分が小さくなっているので普通に滑ってしまいます

NPET K10が簡単に動く


滑るかどうかの確認をしていたのですが、白いデスクの上で動かしていたら本体の黒色がうつって汚れていました。

NPET K10で付いたデスク汚れ

これ、むしろ白いデスクで試したから気が付きましたけど、よく見たら色の付いた木のデスクでもしっかりと黒く汚れていたので気を付けてください(拭き取れば落ちますけどね)

やっぱり塗装面はあまいところがあるみたいだね。。


最後に良い意味での気になるところですが、この安さのゲーミングキーボードで2年間の保証はすごいと思いました。

▲ 目次に戻る

キーロールオーバーについて


Amazonの商品ページでは『26キーロールオーバー』だと記載がありました。

K10amazonページ_26キーロールオーバー

え?  同じメンブレンで約6000円以上のLogicool・Razerのキーボードでも10キーロールオーバーなのに!?w

試しに同時押しチェッカー(※リンク先の音量注意)で確認すると、同時押しは4キーまでしか認識しませんでした。

少し分かりづらいですが、PC音ゲー(DJMAX)でも5キー以上の同時押しは認識されず1キー扱いに。。

DJMAXの5キーまで同時押し検証

▲ 叩いたキーの数が下部で青く光るので、押すキーを1、2、3・・と増やしていって5キー以上が同時押しが認識しなくなる検証です。

・・これは26キーの同時押しというより、キーを1つずつ離さず順番に押していった際に認識し続けられるキーの数というイメージ。

なのでまとめると、APEX・フォートナイトのようにWASDキーを押しながらShift・Ctrlキーを押したりなどは可能ですが、音ゲーなどで5キー以上のピッタリ同時押しはできないということです。

驚かすような言い方したけど、基本的には問題ナシ。

キーロールオーバーや同時押しの条件が中華製の文章だと分かりづらいと思ったので少し検証をしてみました。


▲ 目次に戻る

NPET ゲーミングキーボード K10:使用感

NPET K10の使用感

気になる部分は結構ありましたが、基本的にゲーミングキーボードとして問題なく使えているので安心しました(失礼

約2100円のキーボードにしては、機能が豊富なのでゲームをやらない人でも便利に使えると思います。

FNキーの機能がかなり充実してるね!

NPET K10のFNキー

値段が高めのゲーミングキーボードでもあまり見ない・・

  • 計算機を起動。
  • メディア(音楽再生プレイヤーを起動)
  • WASDと矢印キーの入れ替え

といった機能が特に便利で面白いな~と感じました。

特に」なのでよくある機能は大体揃ってます。メディアの再生/停止・音量調整・ライトの調節もバッチリです。

NPET K10のFN対応キー


そして気になるタイプ感は、EnterとSpaceキーのバネが軽めで高音が響くので結構耳障りです

「キシキシ」みたいなバネの音がうるさめ。

他のキーはそこまで悪くない・・というか普通に使いやすいです。

むしろ約6000円あたりのLogicool G213より、少し硬めのメンブレンで押しやすいと思っちゃいました。

NPET K10を叩く

その分こちらは静音性が失われたかなと思いますが、元々メンブレンスイッチはうるさくなりようがないのでEnter・Spaceキー以外は問題なさそうです。

そして何より値段の安さと、2年間保証付きの安心感

言い方が悪いけど気持ち的にも「安いから雑に使える」ってのも強みだよねw


前項目でもまとめましたが、ゲームに関しては26キーロールオーバー(26個までのキーが同時入力で認識される)対応と記載されてありますが、実は5キー以上の同時押しには弱い点が気にはなりますが・・

同時押しが必要なPC音ゲーでも、5キー以上の同時押しには今のところ遭遇していませんので普通に遊べています(PS4でも認識されました!)

▲ 目次に戻る

NPET ゲーミングキーボード K10:まとめ

記事最後のまとめ画像

NPET K10のまとめ!
  • FNキーの便利機能が多い。
  • 安い分、もちろん安っぽさを感じる。
  • 防水性能もバッチリ。
  • LEDライトが結構キレイに光る。

いかがでしょうか!

格安キーボード&中華産ということで「悪い部分があるのが当たり前」のような説明の仕方をしてしまったのはすみませんでしたw

さらに総評すると『安っぽさは感じるし、一部うるさいキーはあるけど、多数の便利機能と長期保証でかなりお得』といった感じ。

ありよりのあり!

NPET『K10』のレビューでした。

▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 安いゲーミングキーボードアイキャッチ 【厳選】コスパ最強のゲーミングキーボード4選!2千円台でもバッチリ使える。 HOKONUIアイキャッチ 【HOKONUI ゲーミングキーボード】6種類の光り方&多数の便利機能がスゴイ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。