Amazonで1000円貰えるイベント中!

【Alloy Origins Core レビュー】めちゃくちゃ滑らかな赤軸!バネ音が一切しない。

Alloy Origins Coreの正面

評価
(5.0)


今回は、HyperXの『Alloy Origins Core RGB』をレビューしていきます!

赤軸なのでクリック感がなく滑らかで、打鍵音が静かなゲーミングキーボード。

HyperX Alloy Origins Core RGB

赤軸が好きで集めている&HyperXのキーボードが気になる…ということで軽い気持ちで購入してみると、まさかの大アタリでした。

普通の赤軸を使っていると感じてしまうような、

  • 少しかすれるような押し心地。
  • 赤軸なのに物足りない滑らかさ。
  • 響いてしまいがちなバネの音。

上記の不満を一切感じさせないキースイッチ「HyperX Red」で構成されています。


よく出回っている「Cherry MX Red」などの赤軸を普段から使っている人なら、滑らかな押し心地に驚くと思いますね。。

滑らか過ぎて、よく響いてしまいがちな「バネ音」が全くと言っていいほど聞こえません。

心地の良い “カタカタ” という底打ち音だけが聞こえる!


そんなHyperXのキーボード『Alloy Origins Core RGB』を、正直にレビューしていきますので、ぜひご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

HyperX Alloy Origins Core:外観・特徴

正面から撮ったAlloy Origins Core

HyperX 「Alloy Origins Core」
型番HX-KB7RDX-JP
サイズ横36cm x 縦13.2cm x 高さ3.5cm
ケーブルType-C(着脱可)
重量1.1kg
バックライトLED RGB
キースイッチHyperX Red(赤軸・リニア)
MEMO
HyperX独自のキースイッチで、正確性・耐久性に優れた軸です。
クリック感はなく、より滑らかな赤軸のような押し心地になっています。

使用感」の項目で詳しくレビューしますが、本当に素晴らしいキースイッチです。


付属品などは特になく、着脱可能なケーブルのみが入っていました。

外観:パームレストは必要ない?


上質なキーボード定番である航空機グレードのフルアルミボディー。

Alloy Origins Coreのアルミボディのアップ
触り心地はひんやりとしていて、指紋の残りにくいボディです。

裏もつるんとしたシンプルな作りになっていて、角度を調整するためのスタンドが付いています。

Alloy Origins Coreのスタンド


角度はデフォルトで3度になっていて、スタンドを立てることで7度・11度に変更することができます。

Alloy Origins Coreのスタンド 7度

Alloy Origins Coreのスタンド 11度


角度は4度・8度あたりがメジャーな角度かな~と思っていたので、急に11度という数字に驚きましたが全く問題ありませんでした。

横から見たAlloy Origins Core(スタンドなし)

横から見たAlloy Origins Core(スタンド7度)

横から見たAlloy Origins Core(スタンド11度)


むしろ8度より良い感じ!


角度が調整できても、手前側のキーが低い位置にあるのでリストレストピッタリハマっていない感じがあります。

パームレストに合わせたAlloy Origins Core


手首に何もなくても使いやすい角度なので、キーボードだけで使いやすい設計なのかもしれませんね。

パームレストのいらないAlloy Origins Core

僕的にはこのキーボードの場合はリストレストを使わずに長時間使用しても全く問題ないです。

手首がよく痛む方は普通より薄めで1cmほどのパームレストを使うと相性が良さそうですね。


▲ 目次に戻る

FNキーも問題なく使いやすい


テンキーレスなのでメディアコントロールボタンはありませんが、FN(ファンクションキー)があるので様々な機能も簡単に操作できます。

Alloy Origins Coreのファンクションキー


基本操作は[FN]キー + [F〇]キーで操作します。

Alloy Origins Coreのファンクションキーの説明


そしてRGBバックライトのカスタマイズが使いやすくて綺麗に光るので操作などをご紹介!

▼ [FN]+[F1]がデフォルトの光り方です。
カラフルな光が右に流れていきますね。

Alloy Origins Coreの光り方(波)


▼ [FN]+[F2]でキー全体が同じ色のまま、カラフルに光り変わっていきます。

Alloy Origins Coreの光り方(全体的に色が変わる)


▼ [FN]+[F3]は押したキーから正面にかけて、ランダムな光の波動が飛んでいくイメージ。

Alloy Origins Coreの光り方(押した部分から正面に向かって光る)
こんな感じでかなり綺麗です!

明るさを調整したい場合は、[FN]+[矢印キーの上下]で調整できます。

Alloy Origins Coreの明るさを調整
明るさは4段階の調節ができました。

MEMO
HyperXの専用ソフト『HyperX NGenuity』を使うことでも、光り方・マクロの設定・プリセットの登録などができます。


メディアの再生/停止や音量を調整することもできるので、テンキーレスでコンパクトなキーボードですが多数の便利機能が搭載されていて良いですね。

Alloy Origins Coreのファンクションキーのマーク

開いていないウィンドウや操作していないモニターで流している動画もパッと操作することができるので、めちゃくちゃ便利です(※Google Chromeの場合)

【関連記事】Fnキーの使い方&機能一覧!


▲ 目次に戻る

HyperX Red(赤軸)について

HyperX Redのアップ画像

HyperX Red(赤軸)
  • 押下圧:45g
  • 作動点:1.8mm
  • 合計移動距離:3.8mm
  • 耐久性:8000万回

こちらのキーボードで使用されている軸は『HyperX Red』という赤軸・リニアタイプです。

押下圧は45gとなっていますが、重すぎず軽すぎないといった押し心地。

いわゆるレレレのように[A]と[D]キーを二本指で交互に素早く動かすと、急に指が疲れる感覚がありますね。


作動点(アクチュエーションポイント)が1.8mmとなっているのは、そのままで「キーを1.8mm沈めたら入力が反映される」という意味になっています。

動くCCherryMX Red

よく使用されている『CherryMX赤軸』は2mm、『GX赤軸』は1.9mmなので、HyperXの軸は他のモノと比べると少し作動点が浅くなっていますね。

押し心地は滑らかで反応も良く、メカニカルスイッチ特有のバネ音が全くといって聞こえないほど静かでとても面白い軸です。


▲ 目次に戻る

HyperX Alloy Origins Core:使用感

Alloy Origins Coreの正面
Alloy Origins Coreを使用してまず思うことが、

「HyperXメカニカルスイッチが気持ち良すぎる!!」

Alloy Origins Coreを連打
赤軸のようなリニアタイプだと響いてしまいがちの嫌なバネ音が一切せず、むしろ底まで叩いた時の音を楽しめるような気持ち良さ。

こんなに押しやすいのに、公式は耐久性も推しているらしい(8000万回キーが押せる)


反応も良く、音ゲーで使用してもバッチリでした。

僕は同じリニアタイプの赤軸で「CherryMX赤軸」「GX赤軸」「GL赤軸」などたくさん使ってきましたが、個人的には今回の「HyperX 赤軸」が一番好きです。

横に並べたGX赤軸とCherryMX赤軸
そして好みが分かれる柔らかさだとも思いますね。

普段から赤軸を使っている方で…
「赤軸って滑らかって言ってるけど、結局カシャカシャとしたメカニカルっぽさがちょっと嫌!」という人ならドンピシャってくらいの柔らかさ。

HyperX Redをゆっくり押す

押している感覚も重さは感じなくて、滑らかに指が運べて疲れが来ない。

あと欠点を言うなら心地いい底打ち音ですが、少し音が大きめといったところでしょうか。

トータルの使用感は全体的にツルツルすべすべで滑らか。打鍵音も心地の良いカタカタ音でFnキーを使えば細かい機能もバッチリ!

RGBバックライトの発色もとても綺麗でめっちゃくちゃに良いキーボードです。


▲ 目次に戻る

HyperX Alloy Origins Core:まとめ

記事最後のまとめ画像

Alloy Origins Coreのまとめ
  • 『HyperX赤軸』の押し心地が素晴らしい。
  • 押し方によってはキーが重く感じる。
  • テンキーレスでコードも着脱可能なので、かたづける時にもコンパクトにまとまる。
  • 全体的に滑らかで上質な触り心地。

こんな感じでしょうか!

キースイッチだけでなく、キーボード本体のボディの滑らかさが本当に気持ち良いので、つい触っていたくなりますw

何より赤軸で響きがちなバネの音が全くと言っていいほど聞こえないので、集中力が途切れることもなくゲーム・作業に入り込めます。

軸の当たりハズレによってバネの音がカーンカーン響くキーボードだと、それだけで集中できなくなるからね。。


使い心地は最高、テンキーレス・コードは着脱可能でコンパクト。ハッキリとした発色でカラフルに光るライトまで搭載されています。

コードをまとめたAlloy Origins Core
滑らかな赤軸が好きな方にぜひ使っていただきたい、HyperXのゲーミングキーボード『Alloy Origins Core』のレビューでした。


▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 赤軸アイキャッチ 【厳選】赤軸ゲーミングキーボードのおすすめ5選!スイッチのタイプごとに紹介します。 テンキーレスのアイキャッチ 【厳選】テンキーレスのゲーミングキーボード4選!メリットも解説します。 静音ゲーミングキーボードのアイキャッチ 【厳選】静音性の高いゲーミングキーボード3選!打鍵音の解説もします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。