おすすめのゲーミングキーボード5選!

【Logicool G PRO Wirelessレビュー】人気の理由が分かる。全部がちょうど良い万能感!【GproWL】

GProWLアイキャッチ

今回は、Logicool G PRO ワイヤレスの新モデル(G-PPD-002WLr)をレビューしていきます!

応答が有線より速い「LIGHTSPEED」が搭載されているゲーミングマウスGproWL(略称)』がとてつもなく人気なので、その理由を確かめようと購入してみました。

100人以上のプロゲーマーが使ってるなら間違いないでしょ!

ということで使用感をまとめると、以下の4点になりました。

  • どんな持ち方にも対応できる安定感。
  • ホイールクリックをめちゃくちゃ使うなら少し注意。
  • 反応速度・充電面は当然のように素晴らしい。
  • 全体的にクセがないので本当に使いやすい。

人気どころのゲーミングマウスと比較しながら、色々なマウスパッドで使ってレビューしましたので、参考にしてもらえると嬉しいです!

タップできるもくじ

Logicool G PRO Wireless:開封・外観

Logicool G PRO Wireless

GProWLの外観
モデル番号G-PPD-002WLr
サイズ縦125 x 横63 x 高さ40mm                
重量約81g
ワイヤレスLIGHTSPEED技術
センサーHERO 25K
解像度100~25,000 DPI
USBレポートレート1000 Hz (1ms)

HERO 25Kセンサーにアップグレードして、25,000 DPIというトラッキング精度のヤバイ奴。
(人気の『G304』はHERO 12K、12,000 DPI)

ワイヤレスなのでバッテリーなどが入っていますが、約81gという驚きの軽さです。

普段99gのマウスを使ってたから、取り出した瞬間「軽ッ!!」って声が出たw

サイズは表の通りで、色々な持ち方でもフィットしそうですね。

開封:付属品の確認

GProWLのパッケージ

ザックリと開封して付属品などを確認していきます!(開封をスキップ

フタを開けたらGproWLの登場。その段を外して付属品入りの小箱が2つ入っていました。

GProWLの開封
GProWLの開封&付属品

付属品の内容はこんな感じ。

GProWLの付属品
  • Micro-USBケーブル(1.8m)
  • LIGHTSPEEDワイヤレスレシーバー
  • レシーバー延長アダプター
  • サイドボタン・カバー

レシーバー延長アダプターはなるべくマウスとの距離を近づけたい時に使ったり、パソコン・USBとの距離が離れすぎている時に使うと便利です。

GProWLのレシーバー延長アダプター

LIGHTSPEEDなので必要ないくらい通信は安定しているんですけど、ゲームで大事な試合の時などに使うと安心感が増しますね。

(Micro-USBケーブルを直接挿し込むことで、普通に有線マウスにもなれますよ。)

外観:シンプルでクセがない

GproWLのサイズ比較
手のサイズは男性平均に近い約18cm

外観は左右対称でクセのない形状。

GproWLの左側
GproWLの右側


利き手を決めない優しさは、その形だけじゃなく”サイドボタンの有無を選べる“という部分までこだわっているんですよね。

GproWLのサイドボタン


元々付いている左側のサイドボタンをなくすことも、右側にサイドボタンを増やすこともできます。

GproWLの右サイドボタン
最初は付いていない右側にボタン装着

(両側に計4つのサイドボタンを付けて、専用ソフトウェアでキーを割り当てることも可能。)

磁石のパーツで付いてるだけだから、取り外しは爪でコロッと外せて簡単。


つるんとしてキュートなお尻と、ケーブルを挿し込む正面もチェック。

GproWLのお尻
GproWLの頭


ちなみにクリックの手前部分は… ケーブルを挿して充電したり、マウスの電源を入れた時に充電残量が分かるように光るので確認がしやすいです。

GproWLのインジケーターライト


重量も測ってみると約81gでした。やっぱり無線にしては軽い!

GproWLの重量(フタあり)


裏面にはDPI変更ボタンに電源ボタン、USBレシーバーを収納するスペースもありますね。
ソールは厚みが1mmもないものが5つ。

GproWLの裏面
既に使っているので汚くてスミマセン


収納スペースのフタは磁石で付いているので、下部分をググっと押すだけで開いてくれるんです。

GproWLのフタを開ける


Logicool G703h』に付属されているようなウェイトを装着することもできるので、全く同じ形状みたいですね。

GproWLのフタサイズ
少しだけ貴重な10gウェイトを装着

実は自分が気にならなければ、フタを外したまま使用することで3gほど軽くすることなんかもできます(見た目は全く問題なし)

ここまでをまとめてみると…DPI切り替えボタンがホイール手前部分ではなく裏面にあること以外は、特にクセがなく使いやすい形状だと感じました。

Logicool G PRO Wireless:使用感

GproWLの使用感

Logicoolのマウスだと『G304』『G703h』も使い比べたりしていますが、やっぱり似たようなものでも手触り・使い心地が全然違うのが分かります(ライトの色も綺麗)

デザインの無駄がない所も素敵ですが、クリック感の軽さと硬さが絶妙にちょうどいいんですよね

目をつぶってても、質の良さでGproWLを当てられる。

ベタつきがちな僕の手でもペッタペタせずに、指紋が残りにくい材質なのもポイント高いです。

人によっては「サラサラ過ぎる」という意見もありましたが、”過ぎる”ってほどでもない… どころか僕はもう少しサラサラしてほしいとまで思ってますw

本当に人それぞれの肌質があるので難しい所ではありますが、「普通のマウスよりは滑りやすい」といったイメージでいいかなと。

クリックと掴みごこちの安定感

クリック感はバネが程よく強いので、長押し・解除時のメリハリが分かりやすいです。

ただクリック音は静かでもうるさくもない「普通」といった感じの大きさですが、カチカチと少し高めの音が響くのでマイクの位置によっては音が入るかもしれませんね。


そして比較対象になりがちなワイヤレスマウス、Razerの『Viper Ultimate』(約75g)もよく使っていますが…

Viper Ultimateの重量


外観の項目で紹介した、『裏のフタを外して3g軽量をする』という使い方でGproWLも約78gほどの重さにできるので誤差の範囲だと思ってます。

GproWLの重量(フタなし)

掴みやすさ、マウスの重心も含めてGproWLの方が使いやすく感じるぞ。

もちろんRazerだけの良さもありますが、複数の持ち方や安定感を求めるならLogicoolですね。

ホイールの位置が少し高い?

普通にクリックしている場所から瞬時にホイールをクリックしようとすると、大きめに飛び出ているので若干高く感じました

RazerとGPROWLの比較

GproWLのホイールは4mmほど

つかみ持ち」をメインで使っていて高さを感じているので、「かぶせ持ち」だとさらに距離を感じそうだな~と。

コリッと硬めのホイールでもなく、割とコロコロ回りやすくなっているので瞬時に押そうとしたり連打がやりづらい点だけが残念でした。

もちろん慣れてくる部分もあるけど、指がじわっと疲れる感覚があるからやっぱり高いよね。

なのでホイールの観点で見ると、上から指を押し込むタイプのつまみ持ちで使用する人なら欠点がなさそうだと思います。

色々なタイプのマウスパッドでもバッチリ

気分で色々なマウスパッドを使っていますが、特に問題なく使いやすいソールでした。

たくさんのマウスパッド

ハード・クロス・ゴムなど…

パッドの上をスカスカと動いてる感覚ではなく、しっかり馴染んで滑っている感覚が伝わるんですよね

動き出し・止めも問題なく好きなマウスパッドを使えるので、デスク周りが整う意味でもありがたい!


当然のように使いやすいので最後のおまけ的な伝え方になってしまいましたが…

有線ではなくても通信面は全く問題なく、充電もフルの状態から約60時間は持つというハイスペックで『POWERPLAY』を使えばその充電の必要すらありません。(メーカー保証も2年間)

まさに「人気の理由が分かる」といったような、これさえあれば大丈夫という安心感を与えてくれるゲーミングマウスでした。

Logicool G PRO Wireless:まとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • どんな持ち方にも対応できる安定感。
  • ホイールクリックをめちゃくちゃ使うなら少し注意。
  • 反応速度・充電面は当然のように素晴らしい。
  • 全体的にクセがないので本当に使いやすい。

いかがでしょうか!

自分的には複数のマウスがあると、なぜかこのマウスを優先的に使いたくなってしまう魅力がありました。つるんとした無駄のないデザインでデスクも綺麗に見えて良いです。

リピ買いしたくなるマウスってこういうことか。

Logicool G PRO ワイヤレス』(G-PPD-002WLr)のレビューでした。

GProWLアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださると嬉しいです!
 
Amazonギフト券チャージ

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁っているので、見てくださった方の参考になれるように頑張って記事を書きます!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる