MENU
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴10年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って、全力でレビューしています!

レビュー依頼、ご意見なども受け付けておりますので、ぜひお気軽に『お問い合わせフォーム』や『TwitterのDM』からご連絡くださいませ。
おすすめのゲーミングキーボード5選!

【TaoTronics TT-SK023レビュー】40W出力の臨場感あふれるサウンドバー。有線と無線接続の切り替えもカンタン!

TaoTronics様から提供いただきました『TT-SK023』をレビューしていきます。

3種類の接続方法・再生モードが搭載されている横長タイプのサウンドバー。

細長いボディなので音質に若干の不安はありましたが、スピーカーを4つ搭載していて40Wの高出力で迫力のあるサウンドを奏でてくれるという高性能っぷりでした。

高級感のあるデザインで付属品も充実してるし、これは当たりの予感。

他製品のサウンドバーと比較をしつつレビューしましたので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

タップできるもくじ

TaoTronics TT-SK023:概要

  • サイズ:長さ81.5 x 幅6.2 x 高さ6.2cm
  • 重さ:1783.1g
  • 出力:40W
  • 接続方法:Bluetooth・光ケーブル・有線AUX
  • 再生モード:ゲーム・音楽・映画

TaoTronics TT-SK023』は有線・無線の好きな接続方法、そして3種類の再生モードを切り替えて、あらゆるシーンに順応することができるサウンドバーです。

2インチのフルレンジスピーカー4個から出力される中高音に特化した音質は、臨場感と滑らかさを両立したバランスの良いサウンドになっていました。

設置場所は台上だけじゃなく壁掛けにも対応しているよ。

開封・付属品のチェック

それでは開封していきます。ちなみに商品が届く際には配送用の段ボールなどには梱包されておらず、パッケージのまま届いてきました。

箱の長さは87.5cmという2Lペットボトル約3本分の長さでしたので、置き配などの指定場所には少し注意が必要です。

開封してみるとサウンドバーの中央や左右にクッションが付いていたので、ひと安心。


そして付属品は1つの袋に全て詰まっていたので、並べてみました。

  • リモコン
  • 単4電池(リモコン用)
  • 電源ケーブル(152cm)
  • RCA – 3.5mm音声ケーブル
  • 光ケーブル
  • 壁掛け用ネジ x2
  • ユーザーガイド
  • 接続説明書
  • サンキューカード

まずはリモコン。細い縦線の入ったザラザラとするデザインで高級感がありますね。

ボタンは押すとペコペコというタイプですが安っぽくはありません。単4電池も付いてきたので、すぐに使うことができました。

次に光ケーブル。こちらはテレビと接続する際に使うケーブルになっていて、「Optical(オプティカル)」と書かれた端子に挿し込むことによって接続できます。

音が出ない場合は、TV側のオーディオ設定が「PCM」に設定されていて、「Dolby / DTS」がオフになっていることを確認してみてください。

そして赤白ケーブルと言われている「RCA – 3.5mm音声ケーブル」も付属されていました。

薄緑色の方である1つの端子をサウンドバーに繋げ、赤白の方である2つの端子をテレビ側に挿し込むことで接続できます。

最後はネジなどの壁掛け用パーツ。壁に直径8mmの穴を開けて設置できるようです。(ネジとネジの間隔は668.7mmほど)

横長のサウンドバーを好きな場所に設置できるので、テレビ台にスペースがない環境にも優しい設計になっていました。

外観:高級感のある細長いボディ

全体的に高級感があり、1万円以下で購入できるサウンドバーとは思えないほどのまとまりがあります。

スピーカー部分以外の表面は無数の縦線が入ったようなデザインになっていて、手で触ってザラザラをハッキリと感じられるような作りになっていました。

そして正面右下には主張強めの「TAOTRONICS」ロゴプレート。

正面
後ろ側

サイズは 長さ81.5 x 幅6.2 x 高さ6.2cm となっていて、細さは500mlペットボトルとほぼ同じではありますが、かなり横に長いタイプです。

32インチのテレビより少し長いくらいなので、台がテレビとピッタリくらいのサイズだと左右から飛び出しちゃいます。

重さは約1783.1g。手で持った感覚は「このサイズにしては、意外と重くないな~」といった感じ。

それでも壁掛け設置をする際には、耐荷重などに注意してください。

正面の中央付近では中が薄く見えるようになっていて、各種モードのマークを確認することができました。

3種類の接続方式『OPT(光ケーブル)・AUX(赤白ケーブル)・Bluetooth接続』と、3種類の再生方式『ゲーム・音楽・映画』を切り替えできるようになっていて、現在適応中のモードが光って表示されます。

上部右端にはボタンが付いていて、電源と音量などを本体から調整することも可能。

電源の下にある矢印ボタンで接続モードを切り替えることはできますが、『ゲーム・音楽・映画』という音質の変化に関するモード変更はリモコンを使う必要がありました。

そして後ろにはケーブル類を挿し込むスペース。左の端子2つはどちらかをテレビ用で使って、右側は電源ケーブルになるので無線接続でも必ず使います。

ちなみに電源ケーブルを計測してみると約152cmでしたので、テレビ裏などにコンセントを伸ばす場合は大体の目星を付けておくと良さそうです。

TaoTronics TT-SK023:音質・使用感

臨場感の溢れる「ホームシアター スピーカー」とのことで、有線接続をしてテレビ周りで使用したり、無線接続でデスク周りでも使ってみました。

まず色々な動画や楽曲の再生に使ってみましたが、この価格帯のサウンドバーとは思えないほどバランスの良い音質

40W出力とのことで、様々な楽器の音が聴こえたりと迫力も充分なのですが、低音域を求めている方だと物足りない音圧だとも感じます。

2インチのフルレンジスピーカーが4つも搭載されてるんだけどね。

普段はヤマハの『YAS-207』(約4万円台)を使っているのですが、そういった何倍もする価格帯でもサブウーファーを付けないと重低音はかなり弱いのでサウンドバーの構造的に仕方ない部分でもあるかなと。

そのあたりが特に気にならなければ、割引クーポン込みでコスパ最強クラスのサウンドバーと言ってもいいレベル。

3つの再生モード『ゲーム・音楽・映画』も音の出方が結構かわるので色々試してほしいですね。自分は楽曲再生でも映画モードの迫力が好きで使ってます。

Bluetooth接続は音が途切れる

結論からまとめると、スマホなどで無線接続すると音が途切れる。テレビなどに有線で接続すると音が全く途切れないといった感じです。

…とは言っても常にプツプツ途切れるわけではなく「出力される音量が極端に低い部分だけ音が消える」といったイメージ。

YouTubeのトーク動画などを観ている時に、BGMが流れていないシーンだと会話の隙間が一瞬無音化されるので、次の言葉の最初がなくなってしまうんですよね。

おはようございます!

  はようございます~。

現象が収まることはなく、だいたい上記のような会話のイメージです。

そして「”BGMが流れていないシーン” だと無音化される」と書いた通り、音が常に流れ続けるような楽曲などの再生では全く問題ありませんでした。

最後に軽くまとめておきますので、ご自身の使用目的に合わせてチェックしてみてくださいね。

テレビで有線接続 … 全く問題なし。
スマホで無線接続 … 楽曲は問題なし。(トーク系はBGMがないと音が途切れる。)

TaoTronics TT-SK023:まとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • 複数の接続方法・再生モードが搭載されている。
  • 中高音に特化した臨場感のあるサウンド。
  • デザインの高級感もあり、付属品なども豪華。

テレビとスマホを同時に繋いでいてもボタン1つで簡単に切り替えできる機能もあったりと、かなりの快適さ。

音質も重低音を求めなければ、同価格帯のサウンドバーの中では優秀な方なので、割引クーポンや付属品の豪華さも合わせてコスパはかなり良いですね。

テレビ内蔵スピーカーの迫力が物足りないなら、ぜひ試してほしい!

サウンドバー『TaoTronics TT-SK023』のレビューでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださると嬉しいです!
 
Amazonギフト券チャージ

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁っているので、見てくださった方の参考になれるように頑張って記事を書きます!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる