Amazonで1000円貰えるイベント中!

【RAVPower RP-PC133レビュー】2台同時に急速充電! 小型で持ち運びも超簡単。

RAVPower RP-PC133のアイキャッチ

評価
(4.5)


今回はRAVPowerの充電器『RP-PC133』をレビューします。

「急速充電に対応した2ポートの充電器が欲しい!」と探していて見つけたのがこの商品。

RAVPower RP-PC133

お値段は中々しますが、求めている条件を満たしていて評価も高かったので購入してみました。

結論をまとめると・・

  • 持ち運びが簡単&ノートPCとスマホを同時に充電できる。
  • かなりのミニサイズでも急速充電できるほどのパワー。
  • 2ポート使用時にそれぞれ使用する物に適した電力が出力されるのが素晴らしい。

こんな感じでした。

これまでの2ポートの充電器は電力が分散されてしまって片方が急速充電にならなかったりしていましたが、このような悩みが一切なくなるってシンプルに凄くないですか!?

小型充電器でこのスペックは異常w

そんなRAVPower『RP-PC133』の良い部分・気になる部分も含めてレビューしましたので、是非ご覧ください!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

RAVPower RP-PC133:外観・サイズ

RAVPower RP-PC133の外観

『RP-PC133』の性能まとめ
  • Power Delivery急速充電対応:最大65W
  • 出力ポート:USB-A×1 + USB-C×1
  • 新材料GaN(窒化ガリウム)を採用
  • PD(Power Delivery)対応
・サラサラとしてるけど少し指紋が付きやすい材質。
・カラーはの2色あるよ!

RAVPower『RP-PC133』は最大65Wの出力が可能な2ポートのUSB充電器です。


縦・横ともに約5.5cmの正方形。

RAVPower RP-PC133の横幅

RAVPower RP-PC133の縦幅


高さは約3cmと小型サイズになっていて、複数のコンセントを並べて挿し込む際に幅を取らないで良いですね。

RAVPower RP-PC133の高さ


重量は約117gと充電器の中でも軽めの部類です。

RAVPower RP-PC133の重量


最大ワット数である「65」が裏面に刻まれているので、他の似た充電器と一緒にまとめておいても簡単に区別することもできます。

RAVPower RP-PC133の裏面


コンセントは折りたたみ式になっていて側面に収納することができるので、収納・持ち運びに最適なサイズだと思いました。

RAVPower RP-PC133の側面

RAVPower RP-PC133のコンセント

付属品にケーブルなどはありませんので、両側がUSB-Cのモノを使用したい場合は別途購入する必要があります。

両側がUSB-C_Ankerのケーブル

2ポートを同時に使用したいので「これは必須だ!」とAnkerのケーブルを同時購入しましたが、問題なく急速充電できたのでひと安心。

▲ 目次に戻る

 

RAVPower RP-PC133:2ポート急速充電できる理由

RAVPower RP-PC133の充電ポート

『RP-PC133』の仕様
  • 入力:100~240V 50/60Hz 1.5A
  • USB-Cポート出力:PD3.0対応(最大65W)
  • USB-Aポート出力:QC対応(最大18W)

シンプルに出力の最大数を合わせると83Wになりますが、『RP-PC133』の最大出力は65Wになっています。

一見「ダメじゃん。」と思ってしまうかもしれませんが、実はこれがちょうどいい数値になっていて・・

RAVPower RP-PC133の2ポート急速充電

RAVPower RP-PC133の高い互換性

「MacBookなどの58W」+「スマホなどの7W」などと出力が分散されるので、程よく両者とも急速充電される電力なんです

しかもMacBook proなどを単体で充電する場合は65Wを全力で使ってくれる。。


実際に普段使用しているHUAWEIのスマートフォン『Mate 20 Pro』を充電していますが、しっかりと1.4A以上の出力が安定していて急速充電になっています。

RAVPower RP-PC133 の出力

充電目安時間(0%→100%)
  • MacBook Pro 15インチ:約2時間8分(20V)
  • iPhone 11:約1時間49分(9V)
  • iPad Pro (11インチ):約2時間15分(15V)
  • Galaxy Note 9:約1時間46分(9V)

僕も使用している「Mate 20 Pro」も50%から100%充電して、50分ほどで完了していたので上記の目安を参考にするのが良さそうです。


結論:2ポートで同時に充電すると電力を分配してどちらも急速充電になり、1ポートのみで充電すると最大の力を発揮してくれる素晴らしい性能。

これまでの1ポート使うともう片方の出力が弱くなる「なんちゃって65W充電器」とは格が違うねw

急速充電・2ポートで良いモノをお探しの方に、間違いなくおすすめできる小型充電器です。

▲ 目次に戻る

RAVPower RP-PC133:まとめ

記事ラスト_まとめ画像

『RP-PC133』のまとめ!
  • ノートPCとスマホを同時に充電することができる。
  • 折りたたみ式プラグ&ミニサイズで持ち運びが簡単。
  • 接続デバイスを認識し、65Wの電力を分配して出力することができる最先端の充電技術。

いかがでしょうか!

自宅での使用はもちろん、小型なのでバッグに忍ばせておくだけで外出先やカフェなどでも役に立つこと間違いなし。

PC作業をしながらスマホも急速充電~!

RAVPowerのPD充電器『RP-PC133』のレビューでした。

▲ 目次に戻る

RP-PB054proアイキャッチ 【RAVPower RP-PB054proレビュー】片手に収まる大容量・高出力バッテリー搭載のポータブル電源! 【RAVPower RP-PB055レビュー】iPhone11が約7台分も充電できる!? 30000mAh大容量ポータブル電源。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。