MENU
プロフィール背景画像
マサヤ
ゲーミングデバイス好き
中学の頃からメイプルストーリーなどをやりこみ、今ではPCゲーマー歴10年以上。
ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁って、全力でレビューしています!

レビュー依頼、ご意見なども受け付けておりますので、ぜひお気軽に『お問い合わせフォーム』や『TwitterのDM』からご連絡くださいませ。
おすすめのゲーミングキーボード5選!

【RAVPower RP-PC144レビュー】スマホ充電ならこれで良し!手のひらサイズの急速充電機。

RAVPower RP-PC144 アイキャッチ

ご提供いただきました『RAVPower RP-PC144』をレビューしていきます!

他の充電器と比べると、こちらは最大W数が少し控えめですが価格は大幅に下げられているといったポジションです。

「安くても充電が遅かったら意味なくない?」と思うかもしれませんが… スマホはもちろん、12インチのMacBookほどなら急速充電が可能という高性能。

つまりMacBook Proをガンガン使いたくてスマホを同時に充電したいという人以外は、この充電器を使っておけば問題ナシというスペックになってます。

物足りないならシンプルにワンランク上の『RP-PC133』を選べばいいだけ。

そしてただ安いだけでなく、効率的に電力を分配してくれる充電の仕組みについても解説していきますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

タップできるもくじ

RAVPower RP-PC144:特徴・外観

  • Power Delivery急速充電対応:最大30W
  • 出力ポート:USB-A×1 + USB-C×1
  • 新材料GaN(窒化ガリウム)を採用

RAVPower RP-PC144』は最大30Wの出力が可能な、2ポートのUSB充電器です。

表面はサラサラ&ザラザラといった触り心地で、どう頑張っても指紋が付かないような面白い材質。

横幅は4.8cmというコンパクトさ。高さは2.9cmほどになっていました。

横幅的には500円玉が2枚分ほどで、上位モデルの『RP-PC133』と比べると少し小さいくらい。

重量は約84.6gになっていて、かなり持ち運びのしやすい軽量モデルになっていました。(ちなみに重さも上記のPC133より33gほど軽い)


側面には折り畳み式のコンセントが付いていて、カチッと起こすことで手軽に使用することができます。

シンプルで使いやすく、外観・触り心地に関しては上位モデルより高級感があるな~といった印象でした。

パッケージ・付属品をチェック

パッケージ開封・付属品の紹介もしておきます。

充電器本体に、ユーザーガイド・サンキューカードのみ。

USBケーブルは付属していないので、2つのポートを同時に使用したい場合は「接続元がType-Cのケーブル」を購入する必要もあるので注意してください。

RAVPower RP-PC144:性能について

RAVPower RP-PC144』の性能をまとめると、最大出力30Wの電力を2つのUSBポートで分配して効率よく充電することができるというもの。

1ポートのみを使用している時は もちろんフルパワーで充電してくれるのですが、2ポート使用時でも急速に充電できるパワーを残しつつ出力してくれるんですよね。

  • 入力:AC 100~240V 50/60Hz 1A
  • USB-Cポート出力:PD3.0対応(単ポート最大30W)
  • USB-Aポート出力:QC対応(単ポート最大18W)
  • 同時出力:PD20W + 10W(分配)

USB-Cポートを使用してMacBook(12インチ)ほどの場合だと急速充電が可能ですが、MacBook Proになると60W相当の電力が必要なので『RP-PC144』だと急速ではない充電になります。

そもそもがスマートフォンからタブレットあたりのデバイスを急速充電するためのお手頃な充電器というポジションだと思うので、必要に応じて最大65Wの『RP-PC133』などと比較すると良いですね。

ほぼスマホ類しか充電しないつもりなら、この充電器にすると速度も変わらないし安い!

USB-Aは単ポートで最大18Wの出力が可能になっていて、特に『Galaxy S20』といったPPS規格対応の最適化された充電対象だと、30分で64%ほどの急速充電が可能でもあるようです。

13.3Wほどの出力を確認(最大18W)

自分は『Mate20pro』を普段使用していますが、画面でも急速充電としっかり表示されていて30分で32%ほどの速度でした。

規格の相性の差を感じましたが、ハイエンドスマホが1分ごとに1%充電されているのは中々の速度なんじゃないかと思います。

2ポートを同時に使う場合でも、しっかりと急速充電になってくれるので安心感がありました。

RAVPower RP-PC144:まとめ

記事ラスト_まとめ画像
  • 2つのデバイスを同時に充電可能。
  • 単ポートの使用だとフルパワー。2ポートの使用でも効率よく分散。
  • MacBook Proを使わないなら、この充電器でOK。

お値段は安めでも、しっかりと仕事をしてくれるコスパの良い急速充電器。

これでスマホユーザーが無駄に高い充電器を買わなくても済むね。

『RAVPower RP-PC144』のレビューでした。

RAVPower RP-PC144 アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくださると嬉しいです!
 
Amazonギフト券チャージ
AmazonMusic

この記事を書いた人

ゲーミングデバイス・ガジェットを買い漁っているので、見てくださった方の参考になれるように頑張って記事を書きます!

なんでもありのコメント欄

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ
閉じる