Amazonで1000円貰えるイベント中!

コルセア K65(銀軸)とK70 LUX(赤軸)の違いを比較→銀軸が正解

コルセア比較サムネ

今回はコルセア(Corsair)のゲーミングキーボード『K65 RAPIDFIRE(銀軸)』と『K70 LUX(赤軸)』を比較レビューしていきます。

もちろんパッと見で違う部分はありますが、どちらもかなり使用していて気になった点などがありました。

結論をまとめると・・

  • ゲームで使うなら、K65 RAPIDFIRE(銀軸)
  • ゲームもやるけど、反応の速さより機能が充実している方がいいならK70 LUX(赤軸)
  • そして機能面でいうと、『テンキーのある銀軸テンキーのない赤軸もあるので結局キースイッチで決まる。

このような内容になりました。


銀軸の速度は公式の説明でも
Cherry MX Redキー(赤軸)よりも40%も速く入力できる。
と記載されているほど。

でも反応速度が必要ないなら赤軸で良いし、もちろんK70 LUXだけの良さもあるよ。

そのあたりを詳しく比較していきますので、ぜひ参考にしてくださると嬉しいです!

 

この記事の著者
マサヤ

レビューブロガー

マサヤ

Masaya

プロフィール

東京在住の20代男。美術系の大学を卒業。ブログ内の画像・イラストも制作。
音ゲーとゲーミングデバイスが大好きで、商品レビューを全力でやってます!
Twitterもありますので、気になることがあれば何でも話しかけてくださ~い。
フォローも返します!

コルセア K65 & K70の違い:特徴

コルセアのキーボードは天板がアルミになっているので、光が綺麗に反射して見えるようになっています。

そしてその光、LEDバックライトについてですが・・

  • K65 RAPIDFIRE(銀軸)は1,680万色ものパターンで光る。
  • K70 LUX(赤軸)は赤色にのみ光る。

という明確な違いがあるんです。


注意
赤色のみでのエフェクトもかなり綺麗ですが、様々なグラデーションを楽しみたい方はRAPIDFIREをおすすめします。

暗い部屋で光るコルセアK65

光り方のパターンも色々選べるし控えめに言って最高!

▼ K65 RAPIDFIRE(銀軸)テンキーレスキーボードなのにも関わらず、メディアコントロールボタンがあることが特徴ですが、音量操作がボタン式になっています。

[再生/停止]ボタンがなくFnキーを使用する必要があるため、便利な操作に少しだけ手間がかかります。


▼ K70 LUX(赤軸)
は音量操作がホイール式になっています。

[再生/停止]ボタンもあるので、簡単に音楽や動画の操作をすることができます。

メディアコントロールボタンはK70 LUX(赤軸)が素晴らしい。
K65は一番使いたい機能たちが少し不便なのが残念ですね。

「テンキーレスで小さいのでしょうがない!」と言ったらその通りだけど。。
  • カラフルなLEDバックライトが良いなら
    『K65 RAPIDFIRE(銀軸)』
  • 便利なメディアコントロールボタンが欲しいなら
    『K70 LUX(赤軸)』

機能面の特徴の違いはこんな感じです。

ここからは内側のパーツ『軸』などの特徴を説明しますね!


▲ 目次に戻る

コルセア K65 & K70の違い:軸

銀軸と赤軸の違い

MEMO
正式名称は、
Cherry MX Speed(Speed軸、銀軸)
Cherry MX Red(赤軸) です。


簡単に表にまとめると・・

銀軸と赤軸の特徴・違い

K65 銀軸

K65_銀軸

K70 赤軸

K70_赤軸
クリック感

×

ないです

×

ないです
打鍵音(タイプ音)

バネの音が低く響きます

バネの音が高く響きます
押下時の重さ

軽い

少し重い
作動点(入力反映ポイント)

1.2mmでかなり早い

2.0mmで普通

どちらもカチッとしたクリック感はありませんが、底まで叩いた時の音は少しうるさいです。

MX赤軸を三回連打

関連記事:赤軸ってうるさいの? 4種のゲーミングキーボードで解説。


押下時の重さは赤軸が少し重く感じて、長時間の使用だと指が疲れてくるかなと思います。

表で見ると分かりやすいのですが、入力を反映させるにはシンプルに赤軸の方が重いキーを深くまで押さなければなりません。

赤軸は、ゆっく~り押すと普通に重たく感じる。
銀軸は特に疲れないね。

公式のK65銀軸の説明では
Cherry MX Redキー(赤軸)よりも40%も速く入力できる。」と記載されていますが、音ゲーをやると常に1フレーム単位で判定が分かるので速さを実感します。

MEMO
1.4倍も速い!? って言われると大ごとみたいですが、アクチュエーションポイント(入力までのストローク)の浅さで単純に比較しているだけだと思います。
(赤軸が2mm、銀軸が1.2mm


そもそも軸の種類について知りたいという方はこちらの記事もご覧ください。
関連記事:メカニカルキーボードの軸ってなに?


▲ 目次に戻る

コルセア K65 & K70の違い:各パーツ

K70 スタンド4個

K70 テンキー

メディアコントロールボタンの違いは説明しましたが、他にはテンキーやスタンドにも違いがあります。

  • K70 LUXにはテンキーがある。
  • K65 RAPIDFIREにはテンキーがない。

テンキーレスキーボードというのは大体のゲーマーにありがたいデバイスで、デスクが広がることによってマウスを大きく動かすゲームに影響する部分です。

コルセアK65_斜め置き

コルセアK70_斜め置き

一部の音ゲーなどではテンキーを使う場面も出てきますが、使用しないモノはなるべくない方がいいですよね。

FPS系のゲームをやる人にとっては結構大事な部分!


後ろのスタンドはK70 LUXが4つ、K65 RAPIDFIREは2つです。
大体のキーボードが二つだと思うので、K70が特別な作りになっています。

単純に必要なければ使わなくていいですし、あるに越したことはないです。

やるゲームにもよりますが、音ゲーをやっていると手の角度が重要になってくるのでスタンドを4つ立てた方がいい場合もありました。

キーの重さと反応以外はK70もなかなか良いよね。

▲ 目次に戻る

コルセア K65 & K70の違い:まとめ

簡単に表でまとめてみました。

Corsair K65 と K70 のまとめ

K65 銀軸

Corsair K65

K70 赤軸

Corsair K70
ゲームにおすすめ

特におすすめ

普通に使いやすい
長時間のプレイ

軽く滑らかで疲れない

滑らかで少し重い・疲れる
テンキー

×

テンキーレス
ないです

あります
メディアコントロール

少しだけある。
※テンキーレスなので、あるだけで素晴らしい

必要な機能が揃っている
スタンド

2つあります

4つあります


ゲーマーで入力の速さ、軽いキータッチを求めてる。

テンキーはいらないならK65 銀軸。

特に速さは求めていなく、メディアコントロールが便利。
カラフルなLEDライトはいらないならK70 赤軸。

といった感じになりますかね。

もちろん、赤軸のK70も「遅い・・」と感じることは全くない。

K65のメディアコントロールの部分が少し残念ですが、テンキーレスキーボードではかなり頑張っている方。


ゲームには反応速度を求めていて、テンキーもゲームにはあまり必要がないと感じたので『K65 RAPIDFIRE Speed軸(銀軸)』をおすすめしています。

「便利」も良いけど、やっぱりゲームは勝ちたい

以上、コルセアのゲーミングキーボード比較レビューでしたっ!
ご覧いただきありがとうございました。

▲ 目次に戻る

おすすめのキーボードアイキャッチ 【爆買い検証】厳選したゲーミングキーボードおすすめ5選!失敗しないための選び方も解説します。 銀軸アイキャッチ 【厳選】ゲーミングキーボードで銀軸のおすすめ3選!反応速度が最高。 赤軸アイキャッチ 【厳選】赤軸ゲーミングキーボードのおすすめ5選!スイッチ別に紹介します。 暗い部屋で光るコルセアK65 【コルセア K65 RAPIDFIREレビュー】銀軸が速すぎてヤバイ。 K70 LUXアイキャッチ 【コルセア K70 LUX レビュー】複数の機能が使いやすい!赤軸ゲーミングキーボード。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。